箕面市で台風直撃瓦が飛んで悲惨!飛散!風災被害は火災保険が適用されます。


どうも!こんにちは!大阪の屋根工事なら街の屋根屋さん大阪吹田店です。

今回は箕面市で台風被害に遭われた住宅のご紹介です。

屋根の瓦が台風によって、割れていたり、落ちてしまっていました。

意外と知られていないのですが、台風の被害に遭った屋根と外壁は火災保険の対象となり、

火災保険を使って屋根を実質0円で屋根の修理を行う事ができます。

それでは、現地調査の様子をご覧ください。

瓦の飛散状況

台風による軒先の瓦が飛散
こちらが、現地調査の様子です。

台風が直撃すると、屋根も相当な被害を受けることが多々あります。

今回は強風によって屋根の瓦がが飛ばされていました。

日本瓦は、数ある屋根材の中でも一番重く台風でも飛びにくいのですが、


留めている鉄釘が錆びていると、強力な台風で飛ばされる事もあります。


30年前に葺かれた屋根には鉄くぎを使用して葺かれているのをよく見かけます。


現在では、ステンレス製の釘を使用します。

台風被害 瓦飛散

使用している瓦は「釉薬瓦(ゆうやくがわら)」といって、表面を釉薬と呼ばれるウワグスリで化粧した粘土瓦です。


ウワグスリの化学反応することによって色を出します。


釉薬は瓦に塗り乾燥させることでガラス質の薄い膜になります。


そうすることで瓦に雨水がしみこむのを防ぐ役割を持っています。


釉薬が塗られることでより、防水機能は高くなり瓦が長持ちするわけです。

台風による軒先の瓦が飛散
屋根の被害を放置しておくと、

雨漏りを引き起こす等の二次被害を招く可能性が高くなります。

また、木材が腐敗し、シロアリが発生する危険性もあります。

被害に遭った屋根は早めに修理しましょう。
台風による軒先の瓦が飛散

瓦の割れを確認

台風による軒先の瓦が飛散
瓦はとても頑丈に作られています。

コンクリートでも50年と言われる時代ですが、陶器瓦は60年以上持ちます

しかし、台風等でどこかから飛んできた飛来物によって、瓦が割れるなど被害を受けることも少なくありません。
台風による軒先の瓦が飛散
台風による軒先の瓦が飛散
釉薬瓦 J型 サイズ
釉薬瓦の形はJ形(和形)、F形(平板)、S形等があります。

家の形状やデザインに合わせて使い分けられてます。

今回の瓦はJ形(和形)を使用しています。

J形はサイズによって6種類に分かれますので、寸法をきちんと取ります。
現地調査が終われば、雨漏りが発生しないように塞いでいきます。

ブルーシートを使用する場合もありますが、

今回はマスカーと養生テープを使用します。
台風による軒先の瓦が飛散した箇所を養生

台風による軒先の瓦が飛散した箇所を養生
台風による軒先の瓦が飛散した箇所を養生
弊社では、弊社で工事をお願いするしないに関わらず無料で、養生させて頂いております。

「困ったときは助け合い」の精神です。
今回のブログは以上です。

次回は、「大屋根軒先瓦積み替え工事」と「下屋根破損瓦補修工事」

をご紹介いたします。

瓦屋根調査・瓦屋根工事のご相談は、街の屋根やさん吹田店0120-1123-41にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事の現場ブログ

IMG_1778-1-e1516594990249

2018/01/22/ 箕面市|台風被害による屋根の補修工事は火災保険の適用対象です。

こんにちは!大阪の屋根工事なら街の屋根屋さん大阪吹田店です。前回は箕面市の台風被害に遭われた住宅の現地調査を紹介致しました。今回は、屋根の「部分屋根葺き替え工事」や「屋根補修工事」をご紹介致します。

台風による軒先の瓦が飛散

2018/01/22/ 箕面市で台風直撃瓦が飛んで悲惨!飛散!風災被害は火災保険が適用されます。

どうも!こんにちは!大阪の屋根工事なら街の屋根屋さん大阪吹田店です。今回は箕面市で台風被害に遭われた住宅のご紹介です。屋根の瓦が台風によって、割れていたり、落ちてしまっていました。意外と知られていないのですが、台風の被害に遭った屋根と外壁は...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

箕面市|防災棟(強化棟)への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
30年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
約10万円
施工事例

箕面市|大屋根&下屋根「棟の積み替え工事」の施工例

IMG_0761
IMG_9472
工事内容
その他の工事
使用素材
いぶし瓦(淡路瓦)
築年数
築35年
建坪
保証
5年間
工事費用
約190万円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。