淀川区。立平を使った屋根カバー工事。


本日の現場ブログは淀川区の屋根カバー工事を施工した工程の一部を
ご紹介します。
去年の10月の台風でたくさんの家屋が被害に遭われました。
その中でもカラーベスト屋根では棟板金の捲れが多くお問合せを頂きました。
今回は棟板金の捲れから屋根のカバー工事をしたい屋根です。
カバー工事とは既存屋根の上にもう新しく屋根を重ねて葺くという工法です。
カバー工事はどの屋根材でもできるという訳ではありません。
代表的な屋根材と言えばスレートという材料はセメント板です。
カバー工事は金属(ガルバリウム鋼板)で葺くことがほとんどですが、
最大のメリットはコストが抑えられ、尚且つ屋根が新しくなるのに陶器などの瓦屋根より
断然屋根が軽いということでです。
工期も葺き替え工事と比べれば、かなり短くて済みます。
廃材もほとんど出ませんので廃材処理費を抑えれます。
そんなカバー工事の一部の施工を竣工までご紹介します。
屋根カバー工事
既存屋根の状態です。強風によって棟板金が捲れているのが分かります。(写真手前から奥にかけて)
屋根カバー工事
屋根カバー工事は棟板金の解体から始めます。
棟板金と下地である貫板(木材)を撤去します。
屋根カバー工事
棟板金撤去後、片面粘着ルーフィングを張っていきます。
片面が粘着になっており、通常のルーフィングのように
タッカーで留めることもありません。
既存スレート屋根と密着させています。
屋根カバー工事
ルーフィングはロールになっているので、軒先の一列を張り終わるとその後は棟の方へと敷き込んでいきます。
最後は棟に敷き下地である防水シート敷き込み完了です。
屋根カバー工事
立平(ガルバリウム鋼板)JFE鋼板(株)の屋根材を使用しています。棟から軒先までの長さを測り工場などでカットして現場に持ってきます。
片側をビス止めして、片側は山と山を重ねはめ込みます。
ロックしたような状態になるのでしっかりはまります。
屋根カバー工事
立平を葺き終われば棟板金の下地である貫板を張っていきます。これは最初の写真で棟板金を撤去した部分です。
この部分は撤去後、新しく取り付けます。
屋根カバー工事
屋根カバー工事完了です。

屋根カバー工事
作業は経ったの2日間です。
工期が短いということは費用を抑えられます。
屋根カバー工事は屋根を新しくする上で最もコストを
抑えた工法と言えます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万
施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

大阪市住之江区のスレート屋根材へのリフォーム工事『カバー工事』のご提案

立平への屋根カバー工事施工前
立平への屋根カバー工事施工完了
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバニウム鋼板
築年数
20年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
65万円

同じ地域の施工事例

施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根カバー工事

豊中市で屋根のカバー工事が着工しました。カバー工事は重ね葺きとも呼ばれています。屋根の上にもう一つ屋根を造るということです。本来、屋根材が古くなると葺き替えるという工法が一般的でったのですが、カラーベストなどのスレートには唯一、このカバー工...........

スレート割れ

守口市にお住まいの方から問合せを頂きました。問合せの内容は屋根のスレートが割れているとの内容でした。スレート屋根とは「カラーベスト」「コロニアル」とも呼ばれるもので、よく耳にするのはカラーベストではないでしょうか。カラーベストやコロニアルと...........

現地調査の様子

『棟板金が3枚程飛散して、隣の家に落ちていので見に来て下さい!』強風で棟板金が飛散したとの問い合わせで豊中市に向かいました。こんにちは街の屋根やさん大阪吹田店の道明です。棟板金とは何か・・・棟板金とは、一般的に『カラーベストやコロニアル』と...........