吹田市|トップライトは屋根に開けた穴 トップライトまわりコーナー部から雨水浸入


こんにちは!雨漏り、屋根工事の事なら街の屋根屋さん大阪吹田店の道明です。

今回の住宅は吹田市の個人住宅で、木造在来工法 2階建て、平板スレート葺きの住宅でした。

雨漏りが発生しクロスが剥がれていると不安そうな声でお問い合わせがあり、急いで現場に向かいました。

現場を確認すると、雨漏りの原因を特定できました。それではその様子をご覧頂きます。

【現状確認】

雨漏り 現地調査 トップライト開口部
屋根に取り付けてあるトップライト右下のクロスが剥がれかかっているのを発見。

その後、雨の時に確認するとクロスとボードが濡れていたそうです。
雨漏り 現地調査 トップライトの様子
壁には当該部分から流れたと思われる雨筋も発見。

雨漏り 現地調査 トップライトの様子
雨水進出位置、トップライトが取り付けられている右下です。漏水形態はクロス下地のボードが濡れその下のクロスが微量ながら雨水が流れる程度です。

【屋根調査開始】

雨漏り 現地調査 トップライトの様子
早速、屋根に上って調査開始です。ヒアリングの結果、雨漏りが発生するときは台風などの雨量が多いときに発生するとの事です。雨水が浸出している場所は屋根の直下で、雨水の浸入位置が屋根であることは間違いないです。
雨漏り 現地調査 スレートの状態
まず、仮説としては

屋根にかかる雨量が雨漏りの有無を左右している所か平板スレート瓦の裏側に雨水が浸入し、その下のアスファルトルーフィングの上を流れる雨水が経年劣化などにより、アスファルトルーフィングの不具合、もしくはトップライト周りの不具合から浸入した可能性があります。
雨漏り 現地調査 棟板金の様子
調査を開始していきます。屋根の状況は、少し割れ等はありましたが、屋根材などのまだまだ持つ屋根の状態でで、棟板金も少し釘が飛び出している部分はありましたが、まだまだ健在の状態です。目視段階での所見はありません。
雨漏り 現地調査 トップライト周りの様子
次にトップライト周りを確認していきます。

トップライトは通常サッシと同様に、アルミサッシと硝子の組み合わせで出来ています。天井に取り付けられているトップライトはそれだけでも雨水受ける量も多くなります。

また、屋根という性質上、紫外線によるシール材の劣化も促進されます。

したがってトップライト周りの不具合も疑わなくてなりません。
雨漏り 現地調査 スレートの状態
雨漏り 現地調査 スレートの状態
調査を進めていくと、スレート平板の隙間が塗料で埋め尽くされている事が分かります。

これは雨漏りの原因となります。

何故すき間が埋まっていると雨漏りの原因になるのか。

屋根材はスレートに限らず、少なからず屋根材の下に雨水が入り込んでしまいます。

通常、屋根材は入り込んだ雨水が排出できる様に施工されているのですが、

上のように隙間が埋まってしますと、外部に水の排出できなくなり瓦裏側に水が溜まってしまい、

瓦を固定するための釘孔(丸内)から建物内への水の侵入が始まっていきます。

水の出口を確保する事が重要です。
雨漏り スレートの縁切り
スレートの間にカッターを入れると、水が出てきました。中に水が溜まっていた事は間違いありません。

スレートの下には防水シートのアスファルトルーフィングが入っており、この防水シートが2次防水の働きをし、通常は雨漏りしません。スレートをめくってみない事には、下の防水シートに穴が空いていないかは確認はできないのですが、

大雨の日に雨水がじゃじゃ漏れになっていない。というヒアリングからの状況も考慮すると、スレート下のアスファルトルーフィングの劣化は考えにくく、

スレートの下に溜まった雨水が、トップライト周りの隙間に入り込み雨漏りしたものと思われます。

【原因特定】

雨漏り 現地調査 トップライトの様子
【原因特定】
雨漏りの原因としては、スレート部の隙間の埋まりと、トップライト周りのシーリングの経年劣化、トップライト取付け枠の不具合と特定しました。


【対策】

【対策】
隙間を塞いている塗料を切り取り、瓦と瓦の縁を切る「縁切り」を行います。
また、トップライト取付け枠を板金で覆うカバー工事と、トップライト周りのシーリング工事を行う事で、雨漏りを防ぐ事ができます。



本日のブログは以上です。

この工事の現場ブログ

雨漏り 現地調査 トップライト開口部

2018/02/21/ 吹田市|トップライトは屋根に開けた穴 トップライトまわりコーナー部から雨水浸入

こんにちは!雨漏り、屋根工事の事なら街の屋根屋さん大阪吹田店の道明です。今回の住宅は吹田市の個人住宅で、木造在来工法 2階建て、平板スレート葺きの住宅でした。雨漏りが発生しクロスが剥がれていると不安そうな声でお問い合わせがあり、急いで現場に...........

雨漏り調査 天井雨染み調査

2018/03/07/ 吹田市|天井と壁から雨染み発生!雨漏りの原因は?

『部屋や天井の壁に雨染みがでてきた。すぐに見に来てほしい。』携帯電話から聞こえてくる第一声はとても不安そうな声でした。こんにちは!雨漏り・屋根の事なら街の屋根屋さん吹田店の道明です。電話で話している内に少しずつ落ち着きを取り戻された様でした...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

茨木市の雨漏りしていた住宅の棟が生まれ変わりました。

a6c86c2b9855030d813af7a4994f8923
防災棟の施工 完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
和形いぶし瓦(下地なんばん)
築年数
築50年
建坪
約5m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約20万円

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

1年点検開始

今回の現場は東淀川区です。今回現場は1年前に屋根の葺き替え工事を行っております。元々は大屋根、下屋根共に瓦屋根が葺いてあり大屋根をガルバニウム鋼板の立平葺き下屋根をアスファルトシングルで葺き替えております。それでは1年点検の様子を写真と合わ...........

DSC_0051-4

昼の時間が長くなり、春らしい日が多くなりました。今回の現場は屋上からの景色が桜満開で素敵な家でした。今回の現場は吹田市の住宅です。ウッドデッキ解体と立上りの板金施工のご依頼がありましたので工事をさせて頂きました。それではその模様を写真と合わ...........

パラペット笠木板金取り換え工事

都島区で店舗板金屋根のパラペット部分の笠木板金取り換え工事を行ってまいりました。笠木板金の劣化から雨水が侵入する事例が多いのですが、こちらの現場もその例にもれず古いパラペット部分から雨漏りが発生していました。古い板金は撤去し(一部は釘が抜け...........