豊中市|強風で屋根材が剥がれ雨漏り。以前別の業者に補修後も雨漏りしている様です。


豊中市にお住まいのお客さまから『雨漏りしているから直してほしい』とのお問い合わせを頂きました。

こんにちは!屋根・雨漏りの事なら街の屋根屋さん吹田店道明です。

さっそく現場に急行し、ヒアリングを開始いたしました。

『以前の強風の時棟の瓦屋が飛び、別の業者に屋根を補修工事をしてもらったが、1か月程でまた、雨が漏りだした。その業者に連絡をしているが、連絡がつかない』との事でした。

雨漏り原因特定の為、さっそく屋根に上り調査を開始致します。
既存棟瓦の状態
こちらが以前別の業者で補修された様子です。

01|現場調査開始

さっそく現場の調査をしていきます。
既存棟瓦の状態
既存棟瓦の調査
こちらが、現場の屋根の様子です。

和形の釉薬瓦(陶器瓦)で築20年のお家という事もあり、瓦自体はまだまだ丈夫で綺麗でした。

色が変わっている(灰色)部分が以前別の業者に補修工事を行った箇所です。

補修している瓦は『丸瓦(冠瓦)』といって、三角屋根の最上部(棟)に載せられる瓦で。

丸瓦の下にある長方形の瓦は『のし瓦』と言い、切妻屋根の場合、

天辺に土を盛る→のし瓦を載せる→土を盛る→のし瓦を載せる。を繰り返して最後に丸瓦を載せます。

棟がそんな造りになっているかというと、下から瓦を並べていくと、天辺に隙間が出来ます。

その隙間を埋めるため、この様な造りになっています。

02|雨漏り原因調査 補修箇所の調査

まずは補修箇所を確認していきます。
既存棟瓦の状態
既存棟瓦の状態
以前に補修された部分を見ていきます。

一番端の灰色の丸瓦が滑り台かの様に斜めに傾いているのが確認できます(右写真)。

傾いている理由は、のし瓦が3段から2段へと少なくなっている所に無理やり丸瓦を載せているからです。

無理やり『丸瓦』と『のし瓦』を黒なんばんで固めてはいますが、この様な施工では地震などが起きればすぐに崩れてきます。


03|雨漏り原因調査 補修箇所以外の調査

次に補修箇所以外を確認していきます。
既存棟瓦の調査
既存棟瓦の状態
次に補修箇所以外を調査していきます。

『のし瓦』は正しい勾配であれば、雨水が外に流れるようになっています。しかし、下地の葺き土が劣化により砂状態になると『のし瓦』崩れてきます(左写真)。

それにより、のし瓦の勾配が少しずつ緩くなり内側に向き始め、雨水が棟芯(棟の中心)に入ってしまいます。

さらに、『のし瓦』が崩れすぎると、棟芯(棟の中心)が崩れてきます(右写真)。

この状態になると普通の雨でも、どんどん雨水が家の中へ入って雨漏りします。

また、要所要所に瓦がずれたり落ちたりしないように銅線が使われていますが、いくつか外れていいました。

お客様に現状の報告行い、『棟瓦積み替え工事』を行うことになりました。

04|対策・施工内容

棟瓦積み替え工事の施工例
防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
防災金具設置
防災棟(強力棟) 施工例
垂木を設置
なんばん敷き詰め
防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
上の写真は防災棟への『棟瓦積み替え工事』の様子です

現状の棟瓦を一度全部取りはずし、下の土を全て綺麗に除去し、下地に防災金具を取付け、隙間をおいあて瓦【半端瓦】を設置し、防災金具に垂木を取付け、垂木の周りになんばんを施工し、なんばんの上から丸瓦をパッキン付きビスでビス止めします。

『防災棟』は躯体(建物の構造体)と棟の構造部を一体化した工法で、棟瓦との結合することにより、防災力を格段に向上させています。

これで、台風や地震が来ても安心です。

本日のブログは以上です。

この工事の現場ブログ

既存棟瓦の状態

2018/03/01/ 豊中市|強風で屋根材が剥がれ雨漏り。以前別の業者に補修後も雨漏りしている様です。

豊中市にお住まいのお客さまから『雨漏りしているから直してほしい』とのお問い合わせを頂きました。こんにちは!屋根・雨漏りの事なら街の屋根屋さん吹田店道明です。さっそく現場に急行し、ヒアリングを開始いたしました。『以前の強風の時棟の瓦屋が飛び、...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

茨木市の雨漏りしていた住宅の棟が生まれ変わりました。

a6c86c2b9855030d813af7a4994f8923
防災棟の施工 完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
和形いぶし瓦(下地なんばん)
築年数
築50年
建坪
約5m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約20万円

同じ地域の施工事例

施工事例

豊中市|耐震・耐風抜群『防災棟』への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
25年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
12万円
施工事例

豊中市|スレート屋根からスーパーガルテクト(アイジー工業)に葺き替えました!

屋根葺き替え工事 スレート屋根
屋根葺き替え工事 スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト(アイジー工業)
築年数
30年前後
建坪
21坪
保証
屋根葺き替え工事7年保証
工事費用
190万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ウッドデッキ撤去

吹田市にお住まいのF様邸。ウッドデッキ撤去工事。問合せを頂いたのは単純に屋根に設置されているウッドデッキが古くなってきたのでそれを撤去してほしいという内容です。街の屋根やさん大阪吹田店は問合せを頂いたらなんでも致します。事務所は吹田市の江坂...........

カーポート交換工事

高槻市でカーポートの交換工事が施工されました。今回、カーポートを交換することになった理由はお隣にお住まいの方がトラックをレンタカーしており、そのトラックがカーポートに衝突してしまい、パネルが破損して支柱が曲がってしまったとのことでした。施主...........

茨木市 棟の捲り

茨木市 4段熨斗積みの棟を強力棟で積み替えます。こんにちは!街の屋根やさん松本和也です。本日は、棟の積み替えをしたいというお住まいでの工事の様子をブログにてご紹介いたします!現状、4段熨斗積みの冠瓦で収められている旨で、とても立派な仕様にな...........