吹田市|天井と壁から雨染み発生!雨漏りの原因は?


『部屋や天井の壁に雨染みがでてきた。すぐに見に来てほしい。』

携帯電話から聞こえてくる第一声はとても不安そうな声でした。

こんにちは!雨漏り・屋根の事なら街の屋根屋さん吹田店の道明です。

電話で話している内に少しずつ落ち着きを取り戻された様でしたので、話を続けると

以前に雨漏りを起こしたことが有り、その時に修理をしているが

なんだか雨が降る度に雨染み広がっている気がする?また漏れてきた様な気がする』と不安になり、屋根専門業者をインターネットで弊社を見つけ、電話をされた様です。

急いで現場に駆け付け調査を開始しました。

雨漏りの原因特定の様子を写真と合わせてご説明いたします。

雨漏り箇所を確認

雨漏り調査 天井雨染み調査
こちらが、雨漏りの現場です。
雨漏り調査 天井雨染み調査
天井からの雨染みが、雨の度に広がっている気がするとの事です。
雨漏り調査 壁雨染み調査
壁からも雨染みがありました。
まずは雨漏り箇所を確認しました。

築20年程度との事で、まだまだこの家には頑張ってもらわないといけません。

こちらが雨漏りの現場です。天井と壁に雨染みがはっきり確認できます。

天井の雨染みは大屋根からか、壁やサッシ周りから侵入した水が部屋の真ん中まで流れてきているか気になります。

壁から雨が染みており、サッシ周りや下屋根と壁との取り合い部分が気になります。


屋根裏の調査

雨漏り調査 天井裏調査
雨漏り調査 天井裏調査
雨漏り調査 天井裏調査
屋根裏の調査を開始しました。


まずは、屋根裏に入り調査していきます。

比較的新しい雨染みが確認できます。気になるのは雨染みの位置です。

雨染みがあるのは、家の躯体(くたい)である梁の下の部分です。

梁の上部には雨染みはありません。また、屋根裏の天井に雨染みはありません。

水は重力により基本的には上から下に移動していきます。

つまり水は、天井裏の直上からではなく、壁際から入った水が梁を伝い、居室の真ん中まで来た可能性が高そうです。


大屋根の調査

IMG_0180-columns2-overlay
IMG_0192-1-columns2-overlay
大屋根の調査を開始しました。


上の写真が大屋根の様子です。一度手入れしたというだけあり特に問題なさそうです。

いくつか補修工事が後が見られましたが、補修工事の仕方、コーキングの打ち方も特に問題はありません。

下屋根の調査

雨漏り調査 下屋根の調査
雨漏り調査 下屋根の調査 サッシ周り
雨漏り調査 下屋根の調査 サッシ周り
雨漏り調査 下屋根の調査 壁際周り
下屋根の調査を開始しました。

まず気になるのは、サッシ周りや下屋根と壁の取り合い部分です。

家を建てて、まず最初に傷みだすのがシーリング箇所です。

シーリングの寿命、劣化により青い下地部分、シーリング材のすぐ後ろにあるバックアップ材(ハットジョイナー)が見えています。

これはシーリングが経年劣化により厚みがなくなっている事が原因です。

シーリングが薄くなったサッシ枠下辺コーナー部から入った水が外壁を通り、梁を伝って居室に落ちて行った可能性があります。

f96d9b4281f6d16b3c7589aed5a17be5-1-columns2-overlay
雨漏り調査
雨漏り調査 下屋根の調査 水切り板金
屋根の隙間を塗料が覆っています。


屋根と屋根の重なり部分の隙間を塗料が覆ってしまっています。

そうなった場合、雨水の逃げ場が無くなり、雨漏りの原因になる可能性があります。

これを回避するために、屋根を塗装した際に塗膜に隙間を空ける作業『縁切り』を行うのですが、縁切り行っておらず屋根の中に水が溜まってしまっている状態です。

スレートの裏に溜まった水が、軒先の水切りから溢れ出ているのが確認できます。

ここまで下に水が廻ってしまうと、水で下地を痛めてしまっており、補修工事で雨漏りを防ぐ事は難しくなります。

また、上から屋根材を葺くカバー工事はできません。

なぜならカバー工事は、既存の屋根材の上に防水紙を施工してから新しい屋根材を葺くのですが、防水紙は水を通しません。下地の木が水に濡れている状態で防水紙を張ってしまうと、水の入った皿にラップをしている様なものです。

水は下に溜まったままになり、下地の木を腐らせてしまいます。
雨漏り調査 下屋根の調査 トップライト
雨漏り調査 サッシ周り調査
トップライトを調査。

次にトップライトを調査します。トップライトは通常サッシと同様にアルミ枠とガラスの組み合わせでできています。

水平方向に取り付けられているトップライトはそれだけでも雨水や紫外線を受ける量も多くシーリング材やパッキンの劣化も促進されます。

したがってトップライト本体の不具合も疑わなくてはなりません。

対策

対策として

大屋根は特に問題ありませんでした。

下屋根から水が入り込んでいることは間違いありません。

一度屋根を全部捲り、下地の木を新しい物に代えてから、防水紙を張り、新しい屋根材を葺く必要があります。

また、サッシ周りもシーリングを打ち替える必要あり、トップライト周りもシーリング工事を行うか、板金で覆う必要があります。

上の工事で雨漏りは止まります。


これからも皆様の家をお守りしていきたいと思います。

本日のブログは以上です。

この工事の現場ブログ

雨漏り調査 天井雨染み調査

2018/03/07/ 吹田市|天井と壁から雨染み発生!雨漏りの原因は?

『部屋や天井の壁に雨染みがでてきた。すぐに見に来てほしい。』携帯電話から聞こえてくる第一声はとても不安そうな声でした。こんにちは!雨漏り・屋根の事なら街の屋根屋さん吹田店の道明です。電話で話している内に少しずつ落ち着きを取り戻された様でした...........

雨漏り 現地調査 トップライト開口部

2018/02/21/ 吹田市|トップライトは屋根に開けた穴 トップライトまわりコーナー部から雨水浸入

こんにちは!雨漏り、屋根工事の事なら街の屋根屋さん大阪吹田店の道明です。今回の住宅は吹田市の個人住宅で、木造在来工法 2階建て、平板スレート葺きの住宅でした。雨漏りが発生しクロスが剥がれていると不安そうな声でお問い合わせがあり、急いで現場に...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

茨木市の雨漏りしていた住宅の棟が生まれ変わりました。

a6c86c2b9855030d813af7a4994f8923
防災棟の施工 完成
工事内容
棟瓦取り直し
その他の工事
使用素材
和形いぶし瓦(下地なんばん)
築年数
築50年
建坪
約5m(棟部)
保証
5年保証
工事費用
約20万円

同じ地域の施工事例

施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

吹田市の下屋根葺き替え工事と外壁張替え工事を行いました。

葺き替え前の下屋根と張替え前の外壁
葺き替え後の下屋根と張替え後の外壁
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
下屋根:立平(ガルバリウム鋼板) 外壁:ヨドプリント 
築年数
築60年
建坪
下屋根14㎡ 外壁12㎡
保証
工事費用
約30万円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ウッドデッキ撤去

吹田市にお住まいのF様邸。ウッドデッキ撤去工事。問合せを頂いたのは単純に屋根に設置されているウッドデッキが古くなってきたのでそれを撤去してほしいという内容です。街の屋根やさん大阪吹田店は問合せを頂いたらなんでも致します。事務所は吹田市の江坂...........

カーポート交換工事

高槻市でカーポートの交換工事が施工されました。今回、カーポートを交換することになった理由はお隣にお住まいの方がトラックをレンタカーしており、そのトラックがカーポートに衝突してしまい、パネルが破損して支柱が曲がってしまったとのことでした。施主...........

茨木市 棟の捲り

茨木市 4段熨斗積みの棟を強力棟で積み替えます。こんにちは!街の屋根やさん松本和也です。本日は、棟の積み替えをしたいというお住まいでの工事の様子をブログにてご紹介いたします!現状、4段熨斗積みの冠瓦で収められている旨で、とても立派な仕様にな...........