淀川区|アスファルトシングルの屋根に立平葺き。足場組みと調査⑴


本日は淀川区の大規模なマンション屋根葺き替え工事をご紹介いたします。
こちらの現場は6階建ての大きなマンション。その屋根はアスファルトシングルのもので、こちらの屋根をガルバリウム立平葺きに葺き替える工事のご依頼でした。
足場架け

まずは足場を組むところから作業に入ります

補修前のアスファルトシングル屋根
この度の現場は5階以上で戸数もたくさんある大きなマンションの屋根です。

こちらの屋根はアメリカが発祥の屋根材アスファルトシングルといって、スレート屋根とはまた違う素材のものです。
日本ではスレートや瓦屋根、板金屋根にくらべそれほどポピュラーなものではありませんが、本国アメリカでは8割以上のシェアを誇る屋根材となっています。

こちらをガルバリウム鋼板の立平葺きという工法で葺き替えていきます。
足場架け
足場架け
足場を組むには資格が必要

足場を組んでいく職人さん。写真で見るだけでも怖いです…。こんなに高いところにどんどん足場を組んでいくには相当の技術と経験が必要だと思います。
調べてみると、この足場架設には「足場組立解体作業主任者の免許」というものが必要で、こちらの資格は国家資格となっており、これを取得するには3年以上の実務経験と技能講習を受けることが必須となります。

まずは現場に上って目視調査です

足場を伝って調査のために屋根に上ってみました。アスファルトシングル自身の劣化と、大棟や笠木の板金の劣化が見られます。気になる箇所はどんどんデジカメで撮っていきます。
今回はアスファルトシングルの上に直接ガルバリウム立平鋼板をかぶせて葺いていく施工法で、屋根カバー工法と言います。コストを抑えられリーズナブルなので人気の工法となっています。
足場架け
補修前のアスファルトシングル屋根を調査
現地調査を行うと、ところどころに劣化が見られるようです。ざっと目視をしただけでも大棟などの板金の劣化や、天窓周りの板金の劣化などが見受けられました。
劣化したアスファルトシングルと大棟
劣化したアスファルトシングル屋根
劣化したアスファルトシングル
飛び出て抜けたビスと劣化した笠木板金
アスファルトシングルという素材は、比較的細かな部分にも沿いやすい柔軟な素材となっていますが、アスファルトシングルに限らずどちらの素材でも入り組んだ箇所やジョイント部分など複雑なところは、どうしても劣化が始まるポイントとなってしまいます。
板金を留めるべきビスが飛び出ていたりの不具合も見られました。これは経年による劣化もありますが、こういったところから歪みが生じ雨水が侵入して雨漏りの原因となってしまうのです。

次回はこの屋根に使用するガルバリウム立平鋼板を現場に釣り上げていく作業をご覧いただきます!

この工事の現場ブログ

トップライト

2017/01/10/ 淀川区|トップライト箇所をガルバリウム鋼板で施工しました。

本日は淀川区の6階建てマンションのカバー工事の流れの中でトップライトの施工模様をご紹介させていただきます。トップライトとは居室に太陽の明かりを取り込むために屋根の小窓の事を言います。中には開閉式のものもありますが、今回のタイプは固定式のもの...........

外壁

2017/01/19/ 淀川区|建物の隙間をガルバリウム鋼板の板金でふさぎました。

本日は淀川区の6階建てマンションの建物と外壁部分の隙間をガルバリウム鋼板でふさぐことにしました。6階の外部からの作業です。足場がなければできませんので、追加工事でさせていただくことになりました。ただ竣工してからも足場がなければ補修すらできま...........

足場とメッシュシート養生

2018/03/16/ 淀川区|アスファルトシングルの上に防水シート。板金撤去⑵

■足場架けのあと、メッシュシートをかけた現場から本日は淀川区のマンションより、屋根の葺き替え工事の工程のひとつである防水シート張りと、古い板金の撤去の様子をご覧いただきます。現場はアスファルトシングルの屋根で、こちらにガルバリウム鋼板立平葺...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。