寝屋川市|屋根調査→補修工事へ。割れた瓦の交換と漆喰の詰め直し


寝屋川市の瓦屋根漆喰詰め直し工事です。前回はベランダバルコニーのウレタン防水工事を施工した様子を見て頂きました。
ベランダ工事完了後は屋根の調査と漆喰詰め直し工事に入ります。
調査によると漆喰は剥がれや黒ずみなどの劣化が起こり、瓦は割れがあるもの、熨斗瓦は外れてしまっているものなどが見られました。早急の処置が必要です。

新しく詰めなおした漆喰
古い漆喰撤去
■古い漆喰と土を撤去

古い漆喰を剥がすと、下にボロボロとした乾燥した土がありました。

この土も粘度もなくなっており、上からかぶせた漆喰が劣化で剥がれてしまえば雨や風と共にサラサラと流れ落ちてしまいます。

ほとんどの瓦の下は空洞化が進み瓦も支えるものがないという状態でした。
古い漆喰撤去
古い漆喰撤去
古い漆喰撤去
古い漆喰撤去

真っ白の新しい漆喰です

鬼瓦まわりの漆喰も黒ずみや剥がれがひどかったので、撤去後新しい漆喰を詰め直しました。
また、割れがひどく透明のテープで応急処置させていただいていた瓦一枚も新しいものに交換させていただきました。
鬼瓦まわりの新しい漆喰
鬼瓦まわりの新しい漆喰
積みなおした熨斗瓦
新しく差替えた屋根瓦
新しく詰めなおした漆喰
瓦のズレや歪みが無いかしっかりチェックした後、真っ白な漆喰をいよいよ詰めていきます。

右の画像の漆喰をご覧いただきますと、大棟の丸瓦の下に、長方形の板のような熨し斗瓦が数段積まれていますが、その下に漆喰を詰めていきます。

この位置の漆喰は厚塗りしてはならないところ。
熨斗瓦と面が合う、もしくは飛び出すほど厚塗りしてしまうと、雨水が瓦から直接下の漆喰に流れてしまって染み込みやすくなってしまいます。家の屋根軒先と外壁の関係に似ていますね。

塗りたてのうちはまだいいのですが、年月が経った劣化した漆喰だと水分も吸いやすくなります。
熨斗瓦より少し奥にある漆喰こそ正しい詰め方をされたものなのです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

生野区|本棟積み替え工事。なんばんとおいあて瓦を新たにしました。

大棟積み替え前の青い瓦屋根
大棟積み替え後の青い瓦屋根
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
防災棟 なんばん
築年数
約30年
建坪
4.7m
保証
5年間
工事費用
約20万円
施工事例

東大阪市。屋根漆喰詰め直し工事施工事例。

漆喰詰め直し工事
漆喰詰め直し工事
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
屋根漆喰
築年数
30年
建坪
40坪
保証
1年
工事費用
30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦積み直し工事

さて本日はいよいよ古い瓦の差し替え工事と漆喰詰め直し工事をご覧いただきます。古い漆喰は黒ずんでおり、粘り気もなくなりポロポロと剥がれ落ちるような状態でした。瓦も一部割れているものも見られ危険でしたので、それらの劣化した瓦の差し替えと漆喰の詰...........

漆喰詰め直し後

こんにちは、街の屋根やさん大阪吹田店現場ブログです。本日は島本町から、屋根漆喰の詰め直し作業の様子をご覧いただきます。前回こちらの現場建物に伺い、中の雨漏りの様子を調査させていただきました。こちらの天井には長年にわたる雨水の侵入により雨漏り...........

屋根天井雨染み

大阪府三島郡島本町の和風建築にて天井に雨染み発見です。天井は高く、天窓からの採光もよく風通しもいい個所のはずですが、雨漏りが発生し天井に黒ずみができています。雨水経路を特定し、侵入を阻止するため早急な補修工事が必要でしょう。屋根に上がって原...........