建物の雨漏りをしやすい 箇所とその原因とは

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

ではその可能性の高い箇所とは?

① 雨が直接当たる箇所

②雨が直接当たらないが流れる箇所

 

に分類されますが特に素材と素材の継ぎ目の部分からが多いでしょう。

 

逆に言えば継ぎ目以外の箇所からは雨漏りの可能性は低くなります。

 

では具体的に幾つかのような箇所を見てみましょう。

屋根材

瓦屋根
カラーベスト、コロニアル
IMG_1256-2-columns2-overlay
棟瓦
20180302_180303_0021-1-columns2-overlay
棟板金
屋根材は家全体の中では一番雨があたる箇所です。というより家から雨を防ぐ箇所ですから
雨漏りの可能性の高いのは当然とも言えます

屋根構造の特長としては瓦材の下には防水シートとよばれる二次防水材が入っていて防水の二重構造に
なってます。どちらかの防水性能が劣ると雨水が浸入してきます。

 

特に防水シートは直接太陽には当たりませんが
太陽熱や雨水の浸み込みなどにより経年劣化し、防水性能が低下します。

改修工事方法

外壁材

CIMG5860-2-columns2-overlay
サイディングボード
IMG_7744-1-columns2-overlay
ALCパネル
DSC_0134-3-columns2-overlay
モルタル塗り

モルタル塗り、サイディング、ALCパネル、コンクリート等があります。

 

屋根材に比べると直接雨水は当る事は少なくなりますが、
台風など横向きの風を伴う雨の場合はかなり葺き込み濡れます。


・モルタル塗りやコンクリートの場合


経年劣化や地震などの影響により
構造クラックと呼ばれる
0.2mm以上のクラック(ひび割れ)になるとモルタルの厚さ15~20mmを
貫通し雨が染み込むと木部まで到達します。


また鉄筋コンクリートの場合は、水が染み込むと鉄筋がサビや腐りの原因になります。


・またサイディングやALCパネルの場合は


外壁材と外壁材ジョイント(継ぎ目)部分には
シーリングとが充填してあり、パネルの伸縮やパネルの継ぎ目部からの水の侵入を防いでいます。

 

この目地のシーリング材が紫外線や熱で劣化すると、硬くなり弾力性がなくなり捲れだし、雨漏りの
原因となることが多くなります。

窓サッシ

DSC_0167-2-columns2-overlay

窓サッシも雨漏りをする危険性が高い。


 

窓サッシは壁面より20mm程度出た状態で取り付いており、

その縁で受けた雨水がシーリング上を流れることになります。

 

シーリングの防水性能がなけれが雨水が建物に浸入します。

 

サッシ廻りのシーリング材の劣化による漏水はとても可能性としては高くなります。

付帯部

IMG_4825-columns2-overlay
笠木
IMG_9275-2-columns2-overlay
バルコニー

IMG_9966-columns2-overlay



付帯部を軽く考えてしまうことがありますが、注意が必要です。

 

何故なら、この箇所は水平面に近い勾配で納めらており、雨が一時的に溜まりやすい状態にあるということです。

そして継ぎ目もありますから経年劣化による漏水が発生しやすいと言うことです。

特に笠木はパラペット上部に使われることが多く、壁内部は空間になっているので、漏水すると見た目には気がつかない状況で建物内に入り込み、構造体のが腐食していきます。



最後に

以上のとおり建物には必ず部材と部材のジョイント部があり、その周辺からの雨漏りのが多いのも事実です。

 

しっかりと処理をすることで雨漏りの心配することなく安心して快適に暮らすことが出来ます。


本日のブログは以上です。



この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

地震で崩れた大棟と熨斗瓦

吹田市の棟の崩れてしまった現場に伺いました。大阪北部の地震により被害を受けた個所として多かったのが、瓦屋根の棟の部分です。現在見て頂く写真はいずれも大棟、下り棟等、棟部分のものが多くなっております。

ee1b41cbcc13e8fbcecd90e83f2d81cb

大阪府北部地震の揺れで屋根の鬼瓦が落下したお宅からです。落ちたのは下り棟の先に設置されていた鬼瓦で、今回の現場で大きな被害があったのはこの部分のみでした。

地震の揺れで大棟の歪み

今回は熨斗瓦が7段もある立派な大棟の現場の様子です。地震の被害が大きくなかったのか、熨斗瓦がバラバラに崩れるような事態にはなっておりませんでした。ただ熨斗瓦の下の漆喰や土が流出しており、大棟自体も少々歪みが生じている状態です。こちらもそのま...........