建物のクラック(ひび割れ)の種類とその原因と対処方法は?


クラックひび割れ)の原因を考える前にまずは、建物の構造を考えなければなりません。 

まず建物の構造を考えてみましょう
ひび割れは大きく分けると2つのパターンに分類されます。 

①表面的なもの

②内部の建物構造から影響   

に分かれます

構造体の状態によるひび割れの場合には、建物の耐震や構造に関する知識が無ければ単なる表面的な処理となる可能性がありますので要注意です。

 

        目次

1.クラックの種類

ヘアークラック(0.2mm以下)

構造クラック(0.2mm超え)

2.最後に

 

クラックの種類

ヘアークラック(0.2mm以下)

ヘアークラック
経年劣化による乾燥などによる表面的なひび割れで、

ひび割れの幅も狭く奥行きも浅く、外部からの雨水などが内部へ侵入しない程度のひび割れです。  

外壁塗装の際にはフィーラー等の下地調整材を
塗ることで、そのほとんどがカバーでき、あまり心配いりません



構造クラック(0.2mm超え)

構造クラック
構造クラックの原因は、表面からではなく内部側からの影響でひび割れが発生します。
つまり建物の構造からの影響になります。

この場合はフィラー等による表面的な下地処理では数年後に
同じような割れが再発するケースがあり

処理方法としては耐震的な補強をするか、 その部分が今後建物の歪みが
出ても影響がないように誘発的な目地処理を行います。

工法としてはクラック部分ををU字型(もしくはV字型)にカットしてシーリングを充填します。  

ただし、このシール目地が意匠的に気になる場合には、外壁面と同じパターンを付けることで
目立たない状態にすることが出来ます。
クラックの処理
クラックの処理
最後に

水分が、建物の室内ではなく壁内部に入り込み、それが少量であれば長年気づくことが出来ないまま建物が
腐食していくことになります。   

外装リフォームをする際には単にひび割れだからと安易に考えず、
しっかりとした処理をする必要があります。

今回のブログは以上です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根の上の割れた瓦

箕面市の緑色の瓦屋根の現場からです。こちらの屋根の棟部分の瓦が外れてしまっているとのご連絡をいただきました。現場に向かうと鮮やかな緑の瓦の破片が谷板金に流れ落ち、非常に危険な状態でした。この瓦の破片はどこから来たのでしょうか?

バケツやシートで応急処置された雨漏りのひどい居室

本日は港区の深刻な雨漏りが発生している現場に伺いました。深刻な、というのはどの程度のものなのでしょうか。2階居室窓際にタオルを敷いてバケツを3個並べており、床にも水を通さないビニールシートのようなものを敷き詰め、その上にさらにバケツを1個置...........

ローラーで外壁塗装

平野区加美東でスレート屋根・外壁補修工事がありました。こちらの現場は屋根・外壁塗装の他、漆喰の詰め直し工事や鉄部・板金塗装などもあり、大規模な補修工事となりました。本日はモルタルの外壁を塗装する様子をご覧いただきます。