建物のクラック(ひび割れ)の種類とその原因と対処方法は?

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

クラックひび割れ)の原因を考える前にまずは、建物の構造を考えなければなりません。 

まず建物の構造を考えてみましょう
ひび割れは大きく分けると2つのパターンに分類されます。 

①表面的なもの

②内部の建物構造から影響   

に分かれます

構造体の状態によるひび割れの場合には、建物の耐震や構造に関する知識が無ければ単なる表面的な処理となる可能性がありますので要注意です。

 

        目次

1.クラックの種類

ヘアークラック(0.2mm以下)

構造クラック(0.2mm超え)

2.最後に

 

クラックの種類

ヘアークラック(0.2mm以下)

ヘアークラック
経年劣化による乾燥などによる表面的なひび割れで、

ひび割れの幅も狭く奥行きも浅く、外部からの雨水などが内部へ侵入しない程度のひび割れです。  

外壁塗装の際にはフィーラー等の下地調整材を
塗ることで、そのほとんどがカバーでき、あまり心配いりません



構造クラック(0.2mm超え)

構造クラック
構造クラックの原因は、表面からではなく内部側からの影響でひび割れが発生します。
つまり建物の構造からの影響になります。

この場合はフィラー等による表面的な下地処理では数年後に
同じような割れが再発するケースがあり

処理方法としては耐震的な補強をするか、 その部分が今後建物の歪みが
出ても影響がないように誘発的な目地処理を行います。

工法としてはクラック部分ををU字型(もしくはV字型)にカットしてシーリングを充填します。  

ただし、このシール目地が意匠的に気になる場合には、外壁面と同じパターンを付けることで
目立たない状態にすることが出来ます。
クラックの処理
クラックの処理
最後に

水分が、建物の室内ではなく壁内部に入り込み、それが少量であれば長年気づくことが出来ないまま建物が
腐食していくことになります。   

外装リフォームをする際には単にひび割れだからと安易に考えず、
しっかりとした処理をする必要があります。

今回のブログは以上です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化し穴の空いたベランダのポリカ屋根

■経年劣化で黄色く変色し穴が空いてしまったベランダポリカ屋根 こんにちは。街の屋根やさん大阪吹田店現場ブログです。今回の現場は豊中市の2階建て住宅から。お客様から2階のベランダのポリカーボネート製の波板屋根が経年劣化により穴が空いているとの...........

スーパーガルテクト屋根

■カラーベストの屋根から軽量な金属屋根「スーパーガルテクト」への葺き替え工事本日は豊中市の屋根葺き替え工事の様子をご覧いただきます。前回記事では調査によって分かった屋根の劣化の程度や不具合の様子などをみていただきました。この度は既存のスレー...........

外観全貌

■カラーベストからスーパーガルテクトへ今回豊中市より調査ご依頼いただいたお客様のお宅の屋根に使用されていた「カラーベスト」は比較的安価で施工でき、色やデザインにバリエーションがあるため人気のある屋根材です。軽量で断熱性にも優れており工期が短...........