池田市の雨漏りが止まらない住宅を調査致しました。


雨漏り発生し止まらない・・・。

そんなとき、どうすればいいのか??

こんにちは街の屋根やさん大阪吹田店の道明です。

今回の現場は池田市です。雨漏りが発生し、天井が崩れてきている家でした。

築40年以上の貸し物件だそうです。

あちこちから雨漏りが発生し、トタンで雨漏りを塞いだが、止まらなかったそうです。

それでは現場調査の模様を写真と合わせてご紹介致します。

IMG_5984-1-columns2-overlay
こちらが、現場の様子です。雨漏りで天井が崩れて来ています。
IMG_5979-1-columns2-overlay

現場調査を開始していきます!

IMG_6005-columns2-overlay
屋根の上は三角屋根のいわゆる切妻屋根でした。屋根と屋根がぶつかり合う頂点部分には『棟瓦』と呼ばれる瓦が高く積まれえており、屋根の端、ケラバ部分はトタン屋根で隠れています。
IMG_6039-1-columns2-overlay
こちらが屋根の端、ケラバの様子です。雨漏りが酷かった為ご自身で養生されたそうです。
IMG_5987-columns2-overlay
こちらは隣の家との取り合い部分です。取り合いの箇所には雨押え板金が被せてあります。
IMG_6025-1-e1525688399153-columns2-overlay
取り合い箇所の瓦を捲らせてもらいました。通常、『雨押え板金』の下には『壁抑え板金』が立ち上がっているのですが、隣の家は増築だった為、ありません。
IMG_6020-1-columns2-overlay
棟瓦の様子を見ていきます。通常『棟瓦』は背骨と同じで真直ぐに通ってなければなりませんが、この棟瓦は崩れてきています。
IMG_6018-columns2-overlay
棟が崩れる原因としては、固定している土にあります。通常瓦は『葺き土』と呼ばれる土で固定してありますが、この土が、長年少しずつ入る雨で粘り気がなくなり、崩れてくるのです。
今回の雨漏り原因は、『棟』、『ケラバ』、『壁の取り合い』のなります!!

正直葺き替えをしなければいけないレベルではありますが、お客様の予算の都合もあり、補修工事を提案させていただきました。

本日のブログは以上です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化による瓦の割れやはがれ

先日記事にてお伝えした箕面市の青い屋根の現場のお宅から、今回は実際に屋根に上っての調査の様子をご紹介します。棟の歪みやズレの他、瓦自体に欠けが多く見られました。もともと入っていた亀裂に地震の衝撃が伝わり割れにつながってしまったのでしょうか、...........

地震による熨斗瓦のズレ

6月に起こった大阪府北部の地震の影響は広い範囲で起こり、瓦屋根にさまざまな不具合を発生させました。摂津市にも被害が及び、弊社にも調査依頼の電話を多数いただきました。今回はそのうちの一件をご紹介させていただきます。

建物外観

豊中市の2階建ての建物の居室に雨漏りが発生したとのご連絡をいただきました。雨漏りの程度はどのくらいのものなのでしょうか。早速われわれは現場に直行し調査を開始。現場はオレンジ色の瓦屋根のお宅でした。