池田市の雨漏りが止まらない住宅を調査致しました。

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

雨漏り発生し止まらない・・・。

そんなとき、どうすればいいのか??

こんにちは街の屋根やさん大阪吹田店の道明です。

今回の現場は池田市です。雨漏りが発生し、天井が崩れてきている家でした。

築40年以上の貸し物件だそうです。

あちこちから雨漏りが発生し、トタンで雨漏りを塞いだが、止まらなかったそうです。

それでは現場調査の模様を写真と合わせてご紹介致します。

IMG_5984-1-columns2-overlay
こちらが、現場の様子です。雨漏りで天井が崩れて来ています。
IMG_5979-1-columns2-overlay

現場調査を開始していきます!

IMG_6005-columns2-overlay
屋根の上は三角屋根のいわゆる切妻屋根でした。屋根と屋根がぶつかり合う頂点部分には『棟瓦』と呼ばれる瓦が高く積まれえており、屋根の端、ケラバ部分はトタン屋根で隠れています。
IMG_6039-1-columns2-overlay
こちらが屋根の端、ケラバの様子です。雨漏りが酷かった為ご自身で養生されたそうです。
IMG_5987-columns2-overlay
こちらは隣の家との取り合い部分です。取り合いの箇所には雨押え板金が被せてあります。
IMG_6025-1-e1525688399153-columns2-overlay
取り合い箇所の瓦を捲らせてもらいました。通常、『雨押え板金』の下には『壁抑え板金』が立ち上がっているのですが、隣の家は増築だった為、ありません。
IMG_6020-1-columns2-overlay
棟瓦の様子を見ていきます。通常『棟瓦』は背骨と同じで真直ぐに通ってなければなりませんが、この棟瓦は崩れてきています。
IMG_6018-columns2-overlay
棟が崩れる原因としては、固定している土にあります。通常瓦は『葺き土』と呼ばれる土で固定してありますが、この土が、長年少しずつ入る雨で粘り気がなくなり、崩れてくるのです。
今回の雨漏り原因は、『棟』、『ケラバ』、『壁の取り合い』のなります!!

正直葺き替えをしなければいけないレベルではありますが、お客様の予算の都合もあり、補修工事を提案させていただきました。

本日のブログは以上です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熨斗瓦と大棟のゆがみをチェック

■下り棟の瓦が台風で倒壊。中の土が見えています台風や地震などの災害時、瓦屋根で被害が大きく出るのは棟、ケラバ、軒先など屋根の端や先端部分です。現地調査でもこれらの個所を詳細に見させていただきました。

めくれたスレート板金部分に応急処置の防水シート

■スレート屋根の大棟板金が台風の強風により吹き飛んでしまいました。この度は寝屋川市のスレート屋根の現場からです。台風21号は関西圏に大きな被害をもたらした台風でしたが、屋根への影響は最も大きく、その中でも瓦屋根の被害は特に沢山の調査依頼をい...........

めくれた棟板金

吹田市にある製品加工・組立の製造工場の金属屋根が破損しているとのご連絡を受け、さっそく現場に伺いました。弊社からほど近い現場で、即伺わせてもらい屋根の調査を開始いたします!