港区|バケツで応急処置。居室に深刻な雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

本日は港区の深刻な雨漏りが発生している現場に伺いました。
深刻な、というのはどの程度のものなのでしょうか。2階居室窓際にタオルを敷いてバケツを3個並べており、床にも水を通さないビニールシートのようなものを敷き詰め、その上にさらにバケツを1個置いて進行を止めています。
天井は雨漏りが進んでいるので既存の天井板の上に暫定の板を貼って雨水を止めている状態です。
バケツやシートで応急処置された雨漏りのひどい居室
天井から内壁にかけて応急処置の板が張られています。床にも雨水が落ちるのでタオルを敷いたりバケツを置いています。

雨漏り阻止の応急処置の板とバケツとシート

雨漏りの応急処置で板を張られた天井と内壁
この画像から分かるように天井、内壁、窓枠や床など、全体的に雨水が侵入し、お部屋全体が湿気で劣化しているような状態でした。

窓側は全体的に雨漏りが発生しているので、窓の枠に広くタオルを敷いて、さらに集中的に落ちてくる雨水に対応するためバケツも2個おいてあります。

その窓から内壁を伝って床にまで雨水や湿気が広がってしまうので、建物のこれ以上の劣化を暫定ながらストップさせたいところです。
雨漏り発生で雨水を受けるバケツ
雨漏り発生で雨水を受けるバケツ

雨漏りの原因は屋根のパラペット

こちらの現場は、建物正面のデザインがシャープですっきりと見える屋根より上に立ちあがったパラペット(低めの手すり壁)造りの屋根でした。
パラペット屋根の建物外観
このパラペット部分は年月が経って劣化が進むと雨漏りの原因となりやすい箇所となります。

パラペット部分と隣接する屋根との取り合い部分から雨水が侵入したり、パラペット上部の笠木部分が劣化し、そちらから雨水侵入というパターンが多く見られます。

実際屋根に上がって屋根やパラペット部分を調査して、雨漏りをストップさせたいと思います。

次回は屋根調査と補修工事の様子をご紹介いたします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

地震で崩れた大棟と熨斗瓦

吹田市の棟の崩れてしまった現場に伺いました。大阪北部の地震により被害を受けた個所として多かったのが、瓦屋根の棟の部分です。現在見て頂く写真はいずれも大棟、下り棟等、棟部分のものが多くなっております。

ee1b41cbcc13e8fbcecd90e83f2d81cb

大阪府北部地震の揺れで屋根の鬼瓦が落下したお宅からです。落ちたのは下り棟の先に設置されていた鬼瓦で、今回の現場で大きな被害があったのはこの部分のみでした。

地震の揺れで大棟の歪み

今回は熨斗瓦が7段もある立派な大棟の現場の様子です。地震の被害が大きくなかったのか、熨斗瓦がバラバラに崩れるような事態にはなっておりませんでした。ただ熨斗瓦の下の漆喰や土が流出しており、大棟自体も少々歪みが生じている状態です。こちらもそのま...........