港区|居室に深刻な雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事


港区で居室雨漏り発生。パラペット笠木板金交換工事を行いました。
居室の雨漏りの様子を調査した後、屋根に上がらせてもらい現状を確認しました。
今回の現場の屋根はパラペット屋根。パラペットとは、屋根の外周部分に設置された低い手すり壁のことです。屋上ですと落下防止やスッキリした外観の効果を得られるデザインで、建物前面には看板を設置したりすることも可能な屋根の形状です。
劣化したパラペット笠木部分

パラペットの笠木板金も一部無くなっていました

さて、屋根に上がらせてもらうとパラペットには笠木板金が被さっておりませんでした。
劣化したパラペット笠木部分
全体の半分のみ板金が残っておりあと半分はコンクリートむき出しで、そのコンクリート表面は深いクラックがあちこちに入っていました。

笠木板金がどうやってなくなってしまったのかは分かりませんが、このパラペット部分は劣化が進むと雨漏りの原因となりやすいところです。このままの放置はありえません。

むき出しのパラペットの亀裂から雨水が侵入していっていることは明らかで、まずはこのクラックを埋める作業が必要です。
劣化したパラペット笠木部分
寄って見てみましょう。

雨水が通年染み込み、コンクリートが湿気で黒いシミを作っています。

劣化で割れてしまったコンクリートのクラックはたくさん見られ、最初の処置としてこのクラックを埋めるところから作業いたします。
劣化したパラペット笠木部分
また見落としてはいけないところがこの笠木部分だけでなく、屋根とパラペットが接する立ち上がりの部分です。
この接着面も雨水侵入経路となりやすい個所で、現場のサイズに合わせた板金をしっかり装着しなければならないポイントです。
パラペット立ち上がり部分の劣化した板金
こちらのサイドの既存の板金はこのような感じですが…
パラペット立ち上がり部分の劣化した板金
屋根の反対側の板金はこのように苔がびっしり生えていました。日が当たらないということでしょうか。
劣化で穴のあいたパラペット上部
劣化で穴のあいたパラペット上部
劣化したコンクリートはこのように穴まで開いてしまいます。コンクリートに穴ができる原因としては「塩害」や「凍害」などありますが、本来強アルカリ性であるコンクリートが酸性雨などにさらされることによって化学反応がおこり内部で腐食が進む「中性化」などもあります。
これらの原因によって穴が生じた個所にコンクリート穴埋め用のコーキング材を注入して補修していきます。

※ 前回のこちらの現場の記事はこちら!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルバリウム鋼板屋根飛散

本日は築年数が10年未満と新しいお宅の風災被害の模様をご紹介させて頂きます。お客様からお電話を頂いた際に被害状況をヒアリングさせて頂いている際になぜ???築年数が6年くらいの板金屋根が・・・早速3階建ての屋根に上らせて頂き調査を開始しました...........

劣化し外れた金属屋根

本日は吹田市東淀川区にてご依頼をいただき現地調査に伺いました。屋上に通していただき、経年で劣化が見られるという笠木板金と金属屋根を見させていただきます。

めくれて一部折れた棟板金

この度は豊中市より調査ご依頼と屋根養生ご依頼をいただきました。現場にて施工した様子をご覧いただきたいと思います。現場はスレート屋根のお宅でしたが、棟板金の剥がれや落下・または経年による劣化なども見られこのまま放置していれば必ず雨漏りにつなが...........