平野区加美東|瓦屋根の部分的補修。漆喰詰め直しもいたしました!


さて本日はいよいよ古い瓦の差し替え工事と漆喰詰め直し工事をご覧いただきます。
古い漆喰は黒ずんでおり、粘り気もなくなりポロポロと剥がれ落ちるような状態でした。
瓦も一部割れているものも見られ危険でしたので、それらの劣化した瓦の差し替えと漆喰の詰め直しを行っていきます。
瓦積み直し工事

まずは古い瓦の撤去作業です

大棟の古い瓦を撤去し漆喰を詰め直し新しい瓦を葺いていくのですが、まずは瓦職人さんが一枚一枚外して袋詰めにし最終的にはその重い袋を下におろして完了、という重労働な作業からとなります。
劣化した屋根の漆喰
古い漆喰は黒ずみが…
劣化した屋根の漆喰
漆喰は割れも見られます。
劣化した古い瓦の撤去
瓦をめくるとこんな風に土が詰まっているのです。
劣化した古い瓦の撤去
古い瓦をこのように一枚一枚袋詰めし、まとめておきます。
劣化して割れた瓦
割れてしまっている瓦。そのまま屋根にあっては危険ですね。
新しい熨斗瓦
こちらは新しく葺く瓦です。
■漆喰詰め直し作業と新しい瓦の葺き直し工事

古い瓦と土を撤去したら、次はいよいよ新しい漆喰を詰める作業です。
屋根の上で漆喰を練る職人
大量の漆喰を使用するので屋根の上で練る作業をします。
新しい漆喰を詰めていく職人
新しい漆喰を詰めなおした後から新しい瓦をどんどん葺いていきます。
新しい瓦
スタンバイしている新しい瓦の束。
瓦を加工する職人
屋根の上で瓦のサイズを微調整する職人さん。
新しい漆喰を詰める
大棟の土台となる新しい漆喰を大量に詰めます。
新しく詰めなおした漆喰
キレイに面が揃ってます。気持ちのいい光景ですね
新しく詰めなおした漆喰
大棟の熨斗瓦を積んでいく作業です。
漆喰詰め直し後の瓦屋根
熨斗瓦を積み終えたら最後に丸瓦で蓋をして完了!
大棟の漆喰詰め直し、そして新しい瓦への葺き替え工事をごらんいただきました。
大棟の端には鬼瓦があります。こちらの仕舞いも瓦職人が綺麗に仕上げました。細部用の小さなコテで丁寧に作ったら工事は完成です。

※ 関連記事

平野区加美東|外壁・スレート屋根及び板金塗装、漆喰詰め直し前の現地調査です



漆喰詰め直し作業
白く新しい漆喰

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市 G様邸屋根葺き替え工事 瓦屋根→カラーベスト(コロニアルクァッド)

IMG_2739
IMG_7597-1
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
コロニアルクワッド(kmew)
築年数
築40年
建坪
50坪
保証
7年
工事費用
250万(足場含む)
施工事例

吹田市 O様 横暖ルーフへの屋根葺き替え工事

20190222_190222_0008
IMG_0255-1
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
横暖ルーフ
築年数
40年
建坪
65坪
保証
5年
工事費用
430万円
施工事例

西区瓦屋根からガルバリウム鋼板に葺き替えました!

施工前瓦屋根
ガルバリウム鋼板施工完了
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板JFE鋼板
築年数
30年前後
建坪
123平米
保証
7年
工事費用
約180万

同じ地域の施工事例

施工事例

平野区|雨漏り・屋根瓦差し替え・漆喰詰め直し工事

漆喰
漆喰
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰
築年数
40年
建坪
30坪
保証
1年
工事費用
22万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

スレート屋根

そもそもスレート屋根とはどんな屋根なのでしょうか?よくお問い合わせでもコロニアル?カラーベスト?スレート?などと呼び名にばらつきがあるのですが全て平型スレートセメント瓦の事です!コロニアルクアッドとはケイミュー製品の称号です。屋根屋さんであ...........

モニエル瓦

高槻市でモニエル瓦の屋根調査にお伺いしました。建物は築40年の木造3階建でした。屋根調査では実際にハシゴを現場に持っていき屋根に上がり調査します。屋根はモニエル瓦というセメント系屋根材で現在では製造されていない材料です。ひと昔前に流行り、最...........

雨染み箇所

本日は西成区の雨漏り調査にお邪魔しました。千葉県の屋根被害も尋常ではありませんが、大阪も昨年の台風被害がまだたくさん残っています。我々屋根屋としましては心苦しいばかりですが1日でも早く復興できるよう頑張ります!!本題に入りますが修理したのに...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41