守口市。セメント系スレート(カラーベスト)屋根の割れ調査。

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

守口市にお住まいの方から問合せを頂きました。

問合せの内容は屋根のスレートが割れているとの内容でした。

スレート屋根とは

「カラーベスト」「コロニアル」とも呼ばれるもので、よく耳にするのは

カラーベストではないでしょうか。

カラーベストやコロニアルとは旧クボタのスレート屋根の商品名でクボタ松下電工外装の

スレート屋根の採用率が多くシェアが高かった為、スレート屋根の代名詞として多く呼ばれるようになりました。

スレート屋根は大きく分けると4つの種類に分類されます。

「天然スレート」・・・天然石を使用した高級屋根です。

「石綿スレート」・・・セメントと石綿(アスベスト)を混ぜて形成したスレートです。
           現在は製造中止です。

「無石綿スレート」・・・石綿の代わりに開発されたスレートです。石綿の代わりにパルプやビニロンを
            混合することにより耐久性や軽度を維持しています。

「セメント系スレート」・・・セメントを主材料として形成したスレート屋根です。
              無石綿もセメントを使用していますが、セメントの割合が高く、
              表面は着色されています。
              「カラーベスト」「コロニアル」はこのセメント系スレートの商品です。


今回、現場調査をした屋根はセメント系スレートになります。
スレート割れ
現場調査では実際に屋根の上に上りk、屋根調査をします。
屋根は寄棟という形状でカラーベストが使用されていました。では実際に割れている場所がどこなのか探していきます。
スレート割れ
割れているカラーベストが発見できました。
割れているだけではなく以前にスレートを差し替えている
ことが分かりました。
この部分の割れが酷く大きく欠損していたのでしょう。
スレート割れ
その他にもスレートの割れ確認できました。
スレート割れ
その他にひびが入り、割れる手前の状態があります。
スレート割れ
割れている箇所は何箇所か確認できました。
ではなぜスレートが割れてしまうのかということです。

スレート割れ
スレートが開いて反っているのが確認できました。
この状態は屋根全体に見られました。
スレートの割れは屋根調査でもかなり多く報告されています。
スレートはそもそもセメントを板状にして表面を塗装したものです。
経年により割れやすくなるというのはありますが、塗装が落ちてくると
屋根材が色褪せてセメント自体の強度も落ちてきます。
今回は屋根材自体が反ってきてその反発により割れているような状態です。
釘で留められたスレートの釘部分から割れることもあります。
このようなスレートの割れは、部分的に差替えやコーキング補修することは可能でですが、
いずれにしろまた違う場所に亀裂が入ることになります。
今後もまだまだ住み続けるということでしたらカバー工法という工事をご説明して
ご提案させて頂きました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

淀川区|6階建てマンションの屋根カバー工事が竣工しました。

スレート屋根
カバー工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
使用素材
JFE鋼板株式会社極みMAX
築年数
20年
建坪
6階建てマンション約150坪
保証
施工保証7年、材料保証15年
工事費用
約280万
施工事例

吹田市倉庫屋根のカバー工事の模様をご紹介させていただきます。

波板スレート屋根
ガルバリウム鋼板
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
25年
建坪
2階建て倉庫
保証
7年
工事費用
約150万
施工事例

大阪市住之江区のスレート屋根材へのリフォーム工事『カバー工事』のご提案

立平への屋根カバー工事施工前
立平への屋根カバー工事施工完了
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバニウム鋼板
築年数
20年
建坪
20坪
保証
7年
工事費用
65万円

同じ地域の施工事例

施工事例

守口市|雨漏りによる屋根葺き替え工事

太陽光パネル
IMG_7415
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
40坪
保証
7年
工事費用
約85万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根カバー工事

豊中市で屋根のカバー工事が着工しました。カバー工事は重ね葺きとも呼ばれています。屋根の上にもう一つ屋根を造るということです。本来、屋根材が古くなると葺き替えるという工法が一般的でったのですが、カラーベストなどのスレートには唯一、このカバー工...........

現地調査の様子

『棟板金が3枚程飛散して、隣の家に落ちていので見に来て下さい!』強風で棟板金が飛散したとの問い合わせで豊中市に向かいました。こんにちは街の屋根やさん大阪吹田店の道明です。棟板金とは何か・・・棟板金とは、一般的に『カラーベストやコロニアル』と...........

足場作成

今回の現場は吹田市の築30年の素敵な建物ですが、お客様は雨漏りに悩まされているそうです。言うまでもなく、雨漏りは建物に悪影響を与えます。また、雨漏りの心配や不安で精神的にも辛いでしょう親戚が集まる5月のGWまでには雨漏り止め、雨染みを直して...........