摂津市M様|大棟と冠瓦と熨斗瓦、大屋根の平瓦にズレ発生。地震による被害です


摂津市の青い瓦屋根の現場からです。大棟に歪みが生じ、大棟の冠瓦の下の熨斗瓦が外れるほどの被害がでています。
その大棟の損壊は下の大屋根の瓦の歪みにもつながり、屋根全体がうねっているような状態です。
震災でズレた瓦をブルーシートで養生カバー

大棟の損壊の様子

大棟には冠瓦の下に数段の熨斗瓦が積んであります。熨斗瓦の段の数はその現場ごとに違いますが、0のところから4段5段と高く積み上げているところと様々です。高く積み上げれば積み上げるほど意匠として豪華な外観になると言われています。

この度の地震でこの数段の熨斗瓦がバラバラになって落下したりなど被害が出てしまいました。熨斗瓦が外れてしまうと中の土もむき出しになり流出してしまい大変危険です。
地震の揺れでズレが生じた大棟
地震の揺れでズレが生じた大棟
地震の揺れでズレが生じた大棟
地震の揺れでズレが生じた大棟
棟の瓦の不具合は下の大屋根の瓦にまでひびきます。下記の写真のように平瓦にズレが生じ、軒先に行くとここまでの歪みになっていました。
地震の揺れでズレが生じた瓦屋根
地震の揺れでズレが生じた瓦屋根

ブルーシート養生でカバーします

震災でズレた瓦をブルーシートで養生カバー
震災でズレた瓦をブルーシートで養生カバー
外れてしまった不使用の瓦を土嚢に入れて、養生としてカバーしたブルーシートの上に重しとしてかけました。これで風であおられる心配もありません。
棟の崩れから隙間が生じそこから雨水が侵入し雨漏りの原因となっています。それを防ぐため、そして崩れた瓦の更なる落下を防ぐためにこの養生ブルーシートは有効です。
もちろんこれは暫定の応急処置となりますので、状態をみて屋根の修繕工事に進むようにお客様にお伝えさせていただいております!

この工事の現場ブログ

震災でズレた瓦をブルーシートで養生カバー

2018/07/10/ 摂津市M様|大棟と冠瓦と熨斗瓦、大屋根の平瓦にズレ発生。地震による被害です

摂津市の青い瓦屋根の現場からです。大棟に歪みが生じ、大棟の冠瓦の下の熨斗瓦が外れるほどの被害がでています。その大棟の損壊は下の大屋根の瓦の歪みにもつながり、屋根全体がうねっているような状態です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

摂津市|ベランダのウレタン防水工事の施工事例です

ベランダウレタン防水工事前
ベランダウレタン防水工事完了
工事内容
雨樋交換
防水工事
使用素材
通気緩衝シート、HCエコプルーフ
築年数
約30年
建坪
6.8㎡
保証
5年間
工事費用
約16万円
施工事例

摂津市|チョーキング現象・塗膜剥がれ・外壁塗装工事

外壁塗装前
外壁塗装
工事内容
その他塗装
使用素材
SK化研 セラミシリコン
築年数
20年
建坪
40坪
保証
5年
工事費用
約35万円
施工事例

摂津市|雨漏り・木造3階建て屋根カバー工事

スレート屋根
ガルテクト
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 ガルテクト(ガルバリウム鋼板)
築年数
約20年
建坪
40坪
保証
7年
工事費用
約40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

めくれて一部折れた棟板金

この度は豊中市より調査ご依頼と屋根養生ご依頼をいただきました。現場にて施工した様子をご覧いただきたいと思います。現場はスレート屋根のお宅でしたが、棟板金の剥がれや落下・または経年による劣化なども見られこのまま放置していれば必ず雨漏りにつなが...........

ブルーシート養生した瓦屋根の大棟

この度、吹田市でも猛威を振るった昨年の台風21号。その台風の影響を受けた瓦屋根のお宅に現地調査に伺いました。弊社スタッフが屋根に上がって早速調査開始です!

建物外観

この度は弊社のある吹田市と隣接する茨木市の工場より現地調査ご依頼がありました。伺うと建物の規模も大きい現場で自動車や工業用の部品を製造するメーカーさんでした。早速担当の方に中に通していただき雨漏り個所をチェックさせていただきます。