豊中市M様|台風による強風で瓦が飛散。ブルーシートで応急処置養生です

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

ふたたび大きな台風22号が接近中です     

この度の台風21号の被害がまだまだ残る関西近隣ですが、今週末再び大きな台風22号が接近しているとのことで被害拡大が心配されるところです。
台風21号の被害影響が深刻な状態で追い打ちの様に大雨・台風が続いてやってきております。
建物の屋根や外壁、塀や庭の木々も深刻なダメージが残っている危険な状況ですので、更なる2次被害が発生する可能性もあります。
皆様ぜひ再度お家まわりのご確認と不要な飛散物防止のチェックをお確かめください。
建物外観
■台風21号の影響が屋根に

先日の勢力の大きな強い台風21号による被害を受けた瓦屋根の現場に伺いました。
屋根に早速上がり調査開始いたしますと、大棟と平屋根の瓦一部が風に飛ばされて破損しておりました。
6月の震度6弱の地震の時でもそうでしたが、一概には言えませんが瓦屋根ですとやはり棟部分の瓦に最初に被害を受けやすいようです。
台風の被害を受けた屋根瓦
台風の被害を受けた屋根瓦
台風の被害を受けた屋根瓦
台風の被害を受けた屋根瓦
台風の被害を受けた屋根瓦
この度の台風は非常に勢力が強く、このような重い瓦ですら動かしてしまうほどでした。

動いてしまった瓦の間には隙間が生じ、もしくは中の土までむき出しの状態になり、雨水が侵入し放題の状況になってしまっているはずです。

雨も大量に振り込むため早急な雨漏り防止策が必要です。
台風の被害を受けた屋根瓦

ブルーシートでの応急処置が被害への初期対応となります

台風の被害を受けた屋根瓦にブルーシートで応急処置
台風の被害を受けた屋根瓦にブルーシートで応急処置
強風に飛び落下してしまった瓦部分は土がむき出しの状態です。
こちらを大きなブルーシートで養生し、ガムテープでしっかり屋根に留めて暫定の応急処置をさせていただきました。

地震時もそうでしたがこの度の台風でもこのブルーシートが大活躍です。
現在災害が続いている関西はじめ日本列島ですが、弊社でも調査お問い合わせを現在沢山いただいておりこのブルーシートでの応急処置を日に7,8件施工させていただいている状態です。


■罹災(りさい)証明書の発行について

可能であれば被災した証拠となる写真をスマホなどで撮っておくことをおすすめいたします。
この写真がのちに被害に遭ったことを証明する「罹災証明書」を申請・取得する際に効果を発揮し必要になってきます。
自分で瓦やがれきを片付けてしまう前に、被害に遭ったそのままの姿をまず写真に残しておいてください。
公的な支援を受ける判断に必要になってくる場合があります。


■今後の台風への注意

今後9月10月とより一層強い台風が発生し上陸する恐れがあります。
屋根に上って状態をチェックしたいところでしょうが、素人の方の自己判断で決して屋根には上らないでください。
地震、台風と災害が続き、屋根や建物の状況は非常にもろく崩れやすくなっているはずです。
弊社のような専門業者に連絡し調査依頼をお願いいたします。

また台風の強風は室内にいても大変危険だということがテレビのニュースなどでも伝えられております。
風雨が強いときはガラス窓などからは離れ、部屋の奥の安全な場所に避難する形で様子を見てください。
不要な外出や点検などを避け、新しい情報を収集し安全に気を付け災害に備えてください。

この工事の現場ブログ

建物外観

2018/09/10/ 豊中市M様|台風による強風で瓦が飛散。ブルーシートで応急処置養生です

| ふたたび大きな台風22号が接近中です     この度の台風21号の被害がまだまだ残る関西近隣ですが、今週末再び大きな台風22号が接近しているとのことで被害拡大が心配されるところです。台風21号の被害影響が深刻な状態で追い打ちの様に大雨・...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

豊中市|耐震・耐風抜群『防災棟』への積み替え工事の施工事例

防災棟(強力棟) 施工例
防災棟(強力棟) 施工例
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
防災棟 釉薬瓦(和形・淡路瓦) なんばん詰め
築年数
25年
建坪
約2m(棟部)
保証
5年
工事費用
12万円
施工事例

豊中市|スレート屋根からスーパーガルテクト(アイジー工業)に葺き替えました!

屋根葺き替え工事 スレート屋根
屋根葺き替え工事 スーパーガルテクト
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
スーパーガルテクト(アイジー工業)
築年数
30年前後
建坪
21坪
保証
屋根葺き替え工事7年保証
工事費用
190万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熨斗瓦と大棟のゆがみをチェック

■下り棟の瓦が台風で倒壊。中の土が見えています台風や地震などの災害時、瓦屋根で被害が大きく出るのは棟、ケラバ、軒先など屋根の端や先端部分です。現地調査でもこれらの個所を詳細に見させていただきました。

めくれたスレート板金部分に応急処置の防水シート

■スレート屋根の大棟板金が台風の強風により吹き飛んでしまいました。この度は寝屋川市のスレート屋根の現場からです。台風21号は関西圏に大きな被害をもたらした台風でしたが、屋根への影響は最も大きく、その中でも瓦屋根の被害は特に沢山の調査依頼をい...........

めくれた棟板金

吹田市にある製品加工・組立の製造工場の金属屋根が破損しているとのご連絡を受け、さっそく現場に伺いました。弊社からほど近い現場で、即伺わせてもらい屋根の調査を開始いたします!