寝屋川市Y様|スレート屋根の棟板金が台風の強風で飛ばされてしまいました


めくれたスレート板金部分に応急処置の防水シート
■スレート屋根の大棟板金が台風の強風により吹き飛んでしまいました。

この度は寝屋川市のスレート屋根の現場からです。
台風21号は関西圏に大きな被害をもたらした台風でしたが、屋根への影響は最も大きく、その中でも瓦屋根の被害は特に沢山の調査依頼をいただいております。
そして瓦屋根の他に被害が見られるのがスレート屋根ですが、スレート屋根で一番被災しやすい箇所として大棟の板金があります。今回の寝屋川市の現場もこの大棟板金の被災による不具合でした。

棟板金が外れていました。原因は釘の抜け

早速屋根にあがらせていただきました。
暫定で雨除けでかぶせていたブルーシートを取り除くと目に飛び込んできたのは板金の無くなっている大棟でした。木材もむき出しで、その木材も割れているような状態です。
台風によるスレート屋根板金の捲れ
台風によるスレート屋根板金の捲れ
台風によるスレート屋根板金の捲れ
台風で外れた棟板金部分
スレートの釘の抜け
スレートの釘の抜け
近くに寄って調査してみますと、スレートを留めている釘が浮いていたりすっかり抜けていたりして、釘が抜けた後の穴が空いているような状態でした。

この穴から雨水も侵入してしまいますし、浮いた釘からサビが発生する可能性もあります。
このままの状態では建物の劣化が進みますので、雨水侵入を防ぐため暫定応急処置で屋根材である防水シートを大棟に貼らせていただきました。
こちらは裏面が粘着性のシートですので、しっかりと素材に張り付いて施工しやすい屋根材となっております。
めくれたスレート板金部分に応急処置の防水シート
また、屋根の軒先・ケラバ部分に関しても被害が見られましたのでガルバリウム鋼板による板金補修工事(軒先唐草水切り板金・ケラバ水切り板金)をご提案させていただきました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

めくれて一部折れた棟板金

この度は豊中市より調査ご依頼と屋根養生ご依頼をいただきました。現場にて施工した様子をご覧いただきたいと思います。現場はスレート屋根のお宅でしたが、棟板金の剥がれや落下・または経年による劣化なども見られこのまま放置していれば必ず雨漏りにつなが...........

ブルーシート養生した瓦屋根の大棟

この度、吹田市でも猛威を振るった昨年の台風21号。その台風の影響を受けた瓦屋根のお宅に現地調査に伺いました。弊社スタッフが屋根に上がって早速調査開始です!

建物外観

この度は弊社のある吹田市と隣接する茨木市の工場より現地調査ご依頼がありました。伺うと建物の規模も大きい現場で自動車や工業用の部品を製造するメーカーさんでした。早速担当の方に中に通していただき雨漏り個所をチェックさせていただきます。