オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大阪市 漆喰調査!プロが無料で瓦屋根を点検いたします


※2020年12月9日 更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

「瓦屋根の漆喰が剥がれて落ちてくる」

「屋根にコンクリートの破片のようなものが散乱している」

このような症状が見られる場合、「漆喰の劣化」が原因かもしれません。

弊社が大阪市でおこなった瓦屋根の無料漆喰調査の模様をご紹介します!

漆喰の不具合は早目にメンテナンスすることで、「雨漏り」や「棟の歪み」「瓦の飛散」などを防ぎます!

 関連ブログ 

大阪市 漆喰の無料調査で最適な修理プランをご提案

大阪市にお住まいのお客様から「無料屋根点検」のご依頼をいただきました。

無料調査のご依頼のきっかけは、「屋根漆喰(しっくい)の落下」

屋根に上って気になっている漆喰部分をお客様ご自身で点検することはもちろんできません。

お問合せ頂いてから、すぐに現場へかかけつけ無料屋根点検をさせていただきました。
地域
大阪市
トラブル
漆喰の剥がれ、落下
建物
3階建て
屋根
瓦(土葺き工法)

大阪市 漆喰の無料調査step1「被害状況の確認」

大阪市に到着したしました。

お客様にご挨拶をしトラブルの状況をくわしくヒアリングさせていただいます。

屋根は瓦で昔ながらの「土葺き(つちぶき・どぶき)工法」でした。

この屋根の道路面に「屋根から剥がれ落ちた漆喰が散乱していた」ということです。
漆喰トラブルが生じているご自宅
調査のため、建物の外からハシゴを架けて大屋根に上ります。

屋根へ上ることは調査の上では絶対に必要です。


当たり前ですが、屋根に上らないと実際の屋根の状態がわかりません。

しかし、今日初めて会った業者にいきなり屋根へに上られてはお客様は不安です。

なので、屋根の上では写真をたくさん撮影します。

下に降りた時に、お客様へ撮影した写真をお見せしながら現状をくわしくご説明します。

屋根の現状をしっかりと把握して頂くとが大切です。
瓦をめくって露出した葺き土
土葺き(つちぶき・どぶき)工法とは、土の重量を利用し瓦を葺く屋根工事方法です。

土葺きで使用される土は「葺き土(ふきど・ふきつち)」「床土(とこつち)」とよばれます。

昭和初期までは土葺き工法が主流でした。


しかし、2020年現在、耐震性への悪影響から瓦屋根の土葺き工法は殆どおこなわれていません。

 関連コラム 


大阪市 漆喰の無料調査step2「外れた鬼瓦(おにがわら)」

漆喰詰め直し工事
漆喰調査のため屋根にあがらせていただきました。

見たところ、思ったよりも深刻な被害状況です。

屋根頂上である棟(むね)の鬼瓦がありませんでした。

お客様は、「鬼(おにがわら)が傾いているような気がしている」ともおっしゃていました。

建物が古くなっている場合、鬼瓦が傾いてくるのは珍しいことではありません。

瓦が傾いている部位によっては、とても危険な場合もあります。
漆喰詰め直し工事
鬼瓦が外れて屋根面に落ちていました。

鬼瓦は本来、銅線で棟木に留められています。

銅線が切れると鬼瓦が留まっていないということになり、落下する可能性が高まります。

大阪市 漆喰の無料調査step3「アンテナが倒壊している」

漆喰詰め直し工事
大屋根の状態です。

まず目に飛び込んできたのが、アンテナが倒壊。

強風によって屋根に設置されていたアンテナが倒れてたのでしょう。

アンテナは番線によって四方で屋根面に留められています。

その番線が切れてしまうとこの様に倒れます。

大阪市 漆喰の無料調査step4「外れて落下しそうな瓦」

漆喰詰め直し工事
降り棟の丸瓦の外れを確認しました。

丸瓦も留まっている訳ではないため、落ちる可能性があります。

大阪市 漆喰の無料調査step5「劣化した漆喰」

劣化した瓦屋根の漆喰
鬼瓦の廻りにはこのように漆喰が施工されています。

なぜかというと、鬼瓦と棟の継ぎ目になるため、ここには隙間ができることとなります。

漆喰が剥がれて隙間ができると、「雨水の浸入口」となる可能性が高いです。

雨水浸入は中の土が濡らし棟瓦の崩れの原因となります。

よって、漆喰をメンテナンスし直し、雨水が中に浸入しないよう施工する必要があります。

漆喰はかなり劣化してしまっていました。

大阪市 漆喰の無料調査step6「結果とご提案」

瓦屋根の無料漆喰調査が終わりました。

今回の漆喰調査では、「面戸漆喰の劣化」「鬼瓦の外れ・落下」「丸瓦のズレ」「鬼廻りの漆喰劣化」が確認されました。

このことから、弊社では「漆喰詰め直し工事、鬼瓦の復旧工事」が必要であると判断いたしました。

 現状 
・漆喰の劣化による剥がれ落ち

・鬼瓦の外れ・落下

・既存の漆喰も劣化が進行している

 ご提案 
漆喰詰め直し工事、鬼瓦の復旧工事

漆喰(しっくい)とは?

漆喰(しっくい)とは消石灰(水酸化カルシウム)に糊やスサ(藁のようなもの)を加えて水で練ったものです。

消石灰とは石灰石を焼いて加水したものです。

糊やスサは繊維質のものが多く、つなぎとして使用されています。

漆喰の役割

瓦屋根における漆喰の役割は、瓦同士の隙間を埋めるコーキング材のような働きがあります。

漆喰は雨水の浸入を防ぎ、屋根からの雨漏りを防いでくれます。

また、積み上げた瓦の形状を保つためにも漆喰が施工されています。

漆喰の耐用年数

漆喰の耐用年数は瓦に比べて短いです。

一般的には約15年程度で漆喰に劣化症状が現われます。
剥がれた漆喰
上写真は劣化により剥がれた漆喰です。

漆喰の剥がれは瓦の歪みを進行させ、「雨漏り」「棟の崩れ」などを招きます。

瓦自体は約50年~60年以上と高寿命なため、ついつい漆喰メンテナンスをおろそかにしがちです。

漆喰に上写真のような劣化症状が見られる場合は、なるべく早めに修理・メンテナンスすることが大切です。

被害を最小限に抑えられるからです。

漆喰の劣化症状

漆喰が劣化し瓦同士に隙間ができている様子
漆喰の劣化症状には以下のようなものがあげられます。

・経年劣化や地震の揺れによる漆喰のひび割れ⇒剥がれ

・棟瓦のズレ、歪み

「屋根からコンクリートの破片のようなものが落ちてくる」という場合、漆喰が劣化により剥がれ落ちていることも考えられます。

そのような場合は弊社へお気軽にご相談ください!

大阪府東大阪市 漆喰工事・瓦屋根の修理なら「街の屋根やさん大阪吹田店」

街の屋根やさん大阪吹田 宮崎徹
瓦と漆喰のコントラストはとても美しく、瓦屋根は日本を象徴する屋根です。

この日本の伝統をしっかりとした修理・メンテナンス方法で守っていくことも、私たち「街の屋根やさん大阪吹田店」の大事な役割です。

「瓦屋根からコンクリートの破片のようなかたまりが落ちてくる‥」

「地面に瓦が一枚落ちている‥」

このようなお悩みをお持ちの方はぜひ一度、「街の屋根やさん大阪吹田店」にご相談ください。

「相談」「調査」「お見積り」まではすべて無料

また、屋根以外にもお住まいに関するの点検・修理のお見積りはいつでも無料でおこなっております。

お気軽にお問い合わせくださいね!

 関連ページ 

漆喰に関する他ブログ

この工事の現場ブログ

漆喰トラブルが生じているご自宅

2018/01/17/ 大阪市 漆喰調査!プロが無料で瓦屋根を点検いたします

※2020年12月9日 更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。「瓦屋根の漆喰が剥がれて落ちてくる」「屋根にコンクリートの破片のようなものが散乱している」このような症状が見られる場合、「漆喰の劣化」が原因かもしれません。弊社が大阪市で...........

建物外観

2018/12/18/ 東大阪市T様|劣化した漆喰と錆びた谷板金。詰め直し工事前の現地調査です

■屋根瓦の漆喰が経年劣化ではがれています真っ白の綺麗な漆喰が映える瓦屋根。漆喰は「白」と思われている方が多いでしょう。実際白の漆喰の使用がスタンダードです。しかし漆喰には「黒」のものもあります。黒い漆喰は炭を混ぜ込んで作られますが顔料のため...........

詰め直し後の熨斗瓦下漆喰

2019/02/13/ 東大阪市T様|3階建て建物、瓦屋根漆喰詰め直し工事の様子です

|東大阪市の瓦屋根の漆喰を詰め直しいたしましたこの度は1階がガレージの3階建ての建物の瓦屋根の漆喰詰め直し工事を行いました。熨斗瓦の下の漆喰、屋根と壁の取り合い部分の漆喰、棟の丸瓦まわりの漆喰など、トータルで詰め直しさせていただきました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

吹田市|棟の取り直し・谷板金入替工事施工事例

棟
棟
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
その他の工事
使用素材
なんばん
築年数
30年
建坪
45坪
保証
5年
工事費用
約40万円
施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

東大阪市で行われた漆喰詰め直し工事と谷板金工事

漆喰詰め直し工事 現状 鬼がわら
IMG_4273
工事内容
漆喰詰め直し
その他の工事
使用素材
漆喰(シマダ物産)
築年数
築30年前後
建坪
保証
1年
工事費用
約50万

同じ地域の施工事例

施工事例

東大阪市 M医院様 屋上塩ビシート防水工事 機械的固定工法 施工事例をご紹介。

IMG_9402-2
IMG_9990-1
工事内容
防水工事
使用素材
ダイヤフォルテGS
築年数
30年
建坪
100坪
保証
7年
工事費用
130万円
施工事例

東大阪市で行われた漆喰詰め直し工事と谷板金工事

漆喰詰め直し工事 現状 鬼がわら
IMG_4273
工事内容
漆喰詰め直し
その他の工事
使用素材
漆喰(シマダ物産)
築年数
築30年前後
建坪
保証
1年
工事費用
約50万
施工事例

東大阪市|屋根漆喰詰め直し工事

漆喰詰め直し工事
漆喰詰め直し工事
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
屋根漆喰
築年数
30年
建坪
40坪
保証
1年
工事費用
30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰詰め直し工事

生野区で漆喰の詰め直し工事が着工しました。漆喰詰め直し工事の作業工程をご紹介します。漆喰詰め直し工事は棟などの面戸部分に詰められているのですが、メンテナンスが必要で、詰め直しをすることが必要になってきま今回、漆喰を詰め直すことになったのも漆...........

漆喰斫り

本日は寝屋川市より漆喰の詰め直し工事の模様をご紹介させて頂きます。その前に2年連続6月18日に地震がくるとは夢にも思いませんでした。被災地の皆様に少しでもお役に立てることがあるかもしれませんので些細な事でもご連絡ください!

詰め直し後の熨斗瓦下漆喰

|東大阪市の瓦屋根の漆喰を詰め直しいたしましたこの度は1階がガレージの3階建ての建物の瓦屋根の漆喰詰め直し工事を行いました。熨斗瓦の下の漆喰、屋根と壁の取り合い部分の漆喰、棟の丸瓦まわりの漆喰など、トータルで詰め直しさせていただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41