オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

三島郡島本町 屋根工事|倉庫屋根葺き替えの現場をご紹介!


texts
こんにちは!街の屋根やさん吹田店です。

三島郡島本町の建築会社内の倉庫の屋根の葺き替えの模様を本日はご紹介させていただきます。

現場は昨年の台風21号の影響で屋根が飛ばされたとのことです。

今回のお客様は、本職が型枠大工といいます最高峰のお仕事を営んでいるにもかかわらず、弊社に工事依頼をわざわざしていただけました!

大変ありがたい感謝の気持ちとともに、いいプレッシャーも感じながらの作業になりました(笑)

headlinesheadline

屋根の葺き替え工事とは?

texts
屋根の葺き替え工事とは、既存の屋根を解体・撤去して新しい屋根に葺き替える工事です。

お住まいの外観を一新出来るのももちろんですが、屋根材を取り外す際に、その下の防水シートや野地板といったメンテナンスしにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができるというメリットがあります。

「屋根材を一新する葺き替え工事をするということは、よほど屋根が老朽化した時だろう」と思われるかと思いますが災害の大型化・頻発化が懸念される近年では、耐震対策としての軽い屋根へ葺き替えるお客様もいらっしゃいます。

街の屋根やさんではお客様の事情や好みに応じて様々な葺き替え工事を行っております。

関連ページ

columns
IMG_1832
では早速、足場組の模様からご紹介させていただきます。

2トン車で足場材料を搬入しました。

柱、手すり、アンチ、ブラケット、メッシュシートなどが積まれています。

IMG_1835
約100㎡の足場組ですが安全帯を使用し安全第一で作業を進めていきます。


columns
IMG_1837-1
朝9時から約3時間で組みあがり飛散防止ネットも貼り終えました。

近隣様は離れているのですが建物裏側には農家様が大切に育てた野菜畑などもありますので極力ほこりなども飛ばぬように配慮させていただいています!

IMG_1853-2
既存の屋根材を手作業で解体していきます。

(ハンマーとバールを使います)

columns
IMG_1855-1
既存の下地が見えてきましたが、経年劣化で木部の状態があまりよくありませんのですべて解体することにしました。
IMG_1857-1
既存の鉄骨の骨組みだけになりましたが、錆もなく良好です!
columns
IMG_1860
鉄骨ビスを使用し木下地を打ち込んでいきます。

屋根には足場がありませんがさすが職人さんです。

バランスを取りながら作業を進めていっています!

IMG_1862
使用した鉄骨ビスです!
columns
IMG_1863-1
ビス止め箇所の拡大図です。
IMG_1864
C鋼に貫通しビスがきいています。
columns
IMG_1910
鉄骨下地の幅が広すぎるため、約700ピッチで下地補強をさせていただきました。


IMG_1915-3
下地補強も終わり野地板を(12㎜合板)を張り詰めていき、雨仕舞の肝心かなめの防水紙を張って行きます。
columns
IMG_1931-1
防水紙は必ず軒先(屋根の一番低い箇所)から棟(屋根の一番高いところ)にむけ横張りで施工していきます。

万が一屋根材から雨水が浸入しても軒先に流れ出るように考えられています。

IMG_1929-1
タッカー(巨大ホッチキス)で防水紙を止めていきます。


columns
IMG_1937-1
屋根裏から見た下地の様子です。
IMG_1934-1
防水紙施工完了!

これで雨が降っても大丈夫です!
texts
本日の作業はここまでです!

屋根の葺き替え工事をする際弊社では必ず防水紙を施工するまで行います。

これで万が一雨が降っても大丈夫です!

次回はガルバリウム鋼板の施工をご紹介させていただきます。

headlinesheadline

屋根工事や雨漏りなどでお悩みの方は街の屋根やさん吹田店へ

columns
staff01-detail
屋根工事といっても、今回のようなカバー工事や、経年劣化した屋根の修繕、雨漏り対策など、状況によってさまざまな解決策があります。

経験や専門知識がなければ、劣化具合はどれほどか、修理が本当に必要かどうかなど、パッと見ただけで原因を判断するのは難しいものです。

また、原因がわかったとしてもどんな解決策があるのか、屋根工事費用や工期などわからない事だらけで、不慣れで当然です。

「街の屋根やさん吹田店」では、そんな

「原因がわからない」
「解決方法がわからない」
「どのくらい劣化しているのわからない」
「費用がどのくらいかかるかわからない」

といった屋根工事前のご不安を解決するために、プロによる 無料点検 を随時受付けしております。

必要であったりご希望があれば、点検時にトラブルの原因箇所や劣化している部分の写真・動画撮影をおこないます。

その後お客様にお見せしながら親切・丁寧に解説し、メンテナンスがどの程度必要か、どんな解決方法があるかをご説明いたします。

あくまでも、お客様のその後のお住まいづくりのご希望にそって適切なご提案をさせていただきます。

すぐに屋根工事とは考えていなくても、お住まいの劣化状況を知っておきたいというお客様もいらっしゃいます。

ちょっと気になることなど、まずはお気軽に何でもお電話・お問い合わせフォームからお問合せくださいませ。

関連ページ




この工事の現場ブログ

使用材料ガルバリウム鋼板

2018/01/19/ 三島郡 屋根葺き替え工事のラストスパート現場をご紹介!

※2020年7月9日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。三島郡島本町でおこなっている「屋根葺き替え工事」もいよいよ最終日を迎えることになりました。本日は、「JFE鋼板株式会社様の極みMAX(ガルバリウム鋼板)」という屋根材を使用し...........

足場材料

2018/01/17/ 三島郡島本町 屋根工事|倉庫屋根葺き替えの現場をご紹介!

こんにちは!街の屋根やさん吹田店です。三島郡島本町の建築会社内の倉庫の屋根の葺き替えの模様を本日はご紹介させていただきます。現場は昨年の台風21号の影響で屋根が飛ばされたとのことです。今回のお客様は、本職が型枠大工といいます最高峰のお仕事を...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市 G様邸屋根葺き替え工事 瓦屋根→カラーベスト(コロニアルクァッド)

IMG_2739
IMG_7597-1
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
コロニアルクワッド(kmew)
築年数
築40年
建坪
50坪
保証
7年
工事費用
250万(足場含む)
施工事例

吹田市 O様 横暖ルーフへの屋根葺き替え工事

20190222_190222_0008
IMG_0255-1
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
横暖ルーフ
築年数
40年
建坪
65坪
保証
5年
工事費用
430万円
施工事例

西区瓦屋根からガルバリウム鋼板に葺き替えました!

施工前瓦屋根
ガルバリウム鋼板施工完了
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板JFE鋼板
築年数
30年前後
建坪
123平米
保証
7年
工事費用
約180万

同じ地域の施工事例

施工事例

三島郡島本町|屋根葺き替え工事

板金屋根
屋根葺き替え終了
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
JFE鋼板ガルバリウム鋼板ゴールド
築年数
15年
建坪
27㎡
保証
5年
工事費用
50万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

折半屋根

豊中市で屋根の新設工事を着工しました。マンションの改修工事の中、部分的に屋根を新設するということで依頼を受けました。雨樋取付工事も今後にあるので竣工ではないのですが、今回は折半屋根を葺かせていただきました。施工の一部をご紹介します。

葺き替え工事

高槻市で葺き替え工事が着工しました。入母屋の瓦屋根、240㎡の葺き替え工事です。葺き替え工事をすることになった原因は大規模な建物のリノベーションです。屋根では瓦屋根からスレート瓦への葺き替え工事です。屋根工事では約1か月ほどの工期がかかり、...........

スレート屋根

そもそもスレート屋根とはどんな屋根なのでしょうか?よくお問い合わせでもコロニアル?カラーベスト?スレート?などと呼び名にばらつきがあるのですが全て平型スレートセメント瓦の事です!コロニアルクアッドとはケイミュー製品の称号です。屋根屋さんであ...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41