摂津市 スレート屋根の部分葺き直し工事 


台風21号の強風により南面だけ被害を受けたスレート屋根の部分葺き直し工事を紹介いたします。

施主様より「屋根部材が落ちてきて雨漏りするのではないか不安」との依頼を受け調査に伺いました。施主様宅の裏側南面が大きく広がった工場用地となっていました。去年の台風21号による強風の通り道だったのでしょう。屋根南面だけスレート瓦が割れヒビ等の被害を受けていました。

IMG01318-columns2-overlay
セメントや粘土などを基材にした瓦のことをスレート瓦と呼びます。少し前まで主成分にアスベストが使用されておりイメージがスレート瓦=アスベストと捉えられる傾向があります。そこで現在は「カラーベスト」「コロニアル」という呼び名が一般的になっています。実際にケイミューのカラーベストシリーズはアスベストを含まない商品となっています。


IMG01276-columns2-overlay
新築住宅で最も使用される頻度が高いのがカラーベストシリーズです。なかでもクアッドコロニアルが最も普及しています。普及した理由として
①粘度瓦より軽量
②屋根材の中では安価
③施工が簡単
④簡単なので工期が早まる
以上4点があげられます。
IMG00313-columns2-overlay
建築後18年なのでカラーベストの退色が進んでいます。
元々が薄い部材であるのと経年劣化により、飛翔物が当たって割れたりヒビが入ったりしてしまいます。
IMG00308-columns2-overlay
相当数のカラーベストに割れヒビが生じています。
IMG01259-columns2-overlay
南側全面に被害が出ています。
20190302_190304_0033-columns2-overlay
部分的な補修や差替工事では済まない状態でしたので、南側面を葺き直し工事することになりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事

豊中市で屋根の葺き替え工事をご紹介します。現場はちょうど一年前の昨年、6月18日に大阪北摂を襲った大地震で屋根の一部が捲れてしまい、その後の9月4日の台風により屋根がほとんど捲れてしまったという現場です。屋根は陶器を使用したいぶし瓦で瓦の下...........

IMG_7437-1

大阪北部地震からちょうど1年経った2019年6月18日の夜に新潟県村上市で震度6強の地震が起きたとの一報が入りました。今朝からテレビを食い入るように見てしまいましたが、屋根瓦が落ちているお宅が沢山あるようですね。遠方での出来事でしたが、何か...........

波板交換

3階バルコニーの波板交換依頼が来ました。現地調査に伺うと「建ぺい率80%・容積率200%」の住宅地でした。工事場所は施主様宅3階の真裏になります。足場設置や工事車両の駐車スペースまた工事日程調整などの細かい配慮が必要となりす。施主様に満足い...........