摂津市 スレート屋根の部分葺き直し工事 


台風21号の強風により南面だけ被害を受けたスレート屋根の部分葺き直し工事を紹介いたします。

施主様より「屋根部材が落ちてきて雨漏りするのではないか不安」との依頼を受け調査に伺いました。施主様宅の裏側南面が大きく広がった工場用地となっていました。去年の台風21号による強風の通り道だったのでしょう。屋根南面だけスレート瓦が割れヒビ等の被害を受けていました。

IMG01318-columns2-overlay
セメントや粘土などを基材にした瓦のことをスレート瓦と呼びます。少し前まで主成分にアスベストが使用されておりイメージがスレート瓦=アスベストと捉えられる傾向があります。そこで現在は「カラーベスト」「コロニアル」という呼び名が一般的になっています。実際にケイミューのカラーベストシリーズはアスベストを含まない商品となっています。


IMG01276-columns2-overlay
新築住宅で最も使用される頻度が高いのがカラーベストシリーズです。なかでもクアッドコロニアルが最も普及しています。普及した理由として
①粘度瓦より軽量
②屋根材の中では安価
③施工が簡単
④簡単なので工期が早まる
以上4点があげられます。
IMG00313-columns2-overlay
建築後18年なのでカラーベストの退色が進んでいます。
元々が薄い部材であるのと経年劣化により、飛翔物が当たって割れたりヒビが入ったりしてしまいます。
IMG00308-columns2-overlay
相当数のカラーベストに割れヒビが生じています。
IMG01259-columns2-overlay
南側全面に被害が出ています。
20190302_190304_0033-columns2-overlay
部分的な補修や差替工事では済まない状態でしたので、南側面を葺き直し工事することになりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2-5

台風被害に便乗した詐欺にご注意を

雨染み箇所

本日は西成区の雨漏り調査にお邪魔しました。千葉県の屋根被害も尋常ではありませんが、大阪も昨年の台風被害がまだたくさん残っています。我々屋根屋としましては心苦しいばかりですが1日でも早く復興できるよう頑張ります!!本題に入りますが修理したのに...........

雨漏れ大屋根

2019年9月に千葉県を襲った台風15号。甚大な被害が連日報道されています。多くの屋根が飛散し、ブルーシート養生を行っている様子がマスコミで連日報道されています。あれだけの被害ですから、当然屋根業者の手配も追い付かず、ブルーシートでの養生を...........