摂津市 カラーベスト取付スレート屋根部分葺き直し


台風21号の強風により南面だけ被害を受けたスレート屋根のカラーベスト(コロニアルクアッド)部分葺き直し工事について工程順に紹介いたします。
今回は屋根材コロニアルクアッド取付→完成までを御伝えします。

施主様より「屋根部材が落ちてきて雨漏りするのではないか不安」との依頼を受け調査に伺いました。施主様宅の裏側南面が大きく広がった工場用地となっていました。去年の台風21号による強風の通り道だったのでしょう。屋根南面だけスレート瓦が割れヒビ等の被害を受けていました。

前回は野地板・下葺材を御紹介しました。
今回は屋根材コロニアルクアッド取付→完成までを御伝えします。
コロニアルクアッド
屋根材コロニアルクアッドを専用釘で下から上に直接取り付けていきます。
コロニアルクアッド
角部分は専用のカッターで切断し適切な大きさに加工してから合わせて、その上から棟金属を被せます。
20190302_190304_0009-1-columns2-overlay
差棟部分も綺麗に仕上がっています。
コロニアルクアッド
本棟(包棟)も上手く収まりました。
コロニアルクアッド
既存コロニアルクアッド部分と新規コロニアルクアッド部分の色が、かなり違っています。
コロニアルの色あせによる機能(雨漏れ)低下には諸説ありますが、これは美観のみの問題で(耐用年数を大幅に超えた場合を除く)色あせによる屋根材機能低下は、ありません。
コロニアルクアッドを新築で使用した場合の保証期間は下記のようになっています。
①室内の雨水侵入保証 10年
②色感の著しい変化保証 2年
色あせ保証が2年のみです。
コロニアルクアッドが色あせするのを前提に製造しているかのようです。




コロニアルクアッド
コロニアルの耐用年数ですが、メーカー作成メンテナンススケジュール表からは30年前後と判断します。実際の感覚(あくまで私的であり、いろいろ調べての判断)では30年から35年の風合いです。
実際に10年前の製品よりも30年前アスベスト含有製品のほうが、割れ等の破損に強いケースもあるようです。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_1057-1

大阪市淀川区で現場調査に伺いました。現場調査の内容は昨年の9月4日の台風21号によりカラーベスト(スレート)が部分的に捲れてしまったという内容でした。建物は3階建てということで、一般的なハシゴでは屋根まで届かず今回は3階バルコニーから脚立を...........

屋根カバー

「屋根から軽い破片が、たくさん落ちてきます。」との問合せを頂き即日訪問しました。去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後ではなく1ヶ月ほど経過した10月初旬に問合せを受付ました。早速現状調査を行いました。すると庭に”アスファルトシングル...........

瓦屋根からスレート屋根へ葺き替え

「屋根から軽い破片が、たくさん落ちてきます。」との問合せを頂き即日訪問しました。去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後ではなく1ヶ月ほど経過した10月初旬に問合せを受付ました。早速現状調査を行いました。すると庭に”アスファルトシングル...........