吹田市 棟再構築 棟の積み直し工事


棟積み直し工事の最終模様です。


最終的に瓦敷設の高さや間隔など職人さんの腕が仕上がりに影響します。
”街の屋根やさん”が信頼し仕事依頼する職人さんは施工技術も高くスピードも抜群です。
前回お伝えしました着工までが早まる一因になっています。

IMG00840-columns3-overlay
最初に棟の幅を決めます。
熨斗瓦が綺麗に揃うよう糸を張り目印とします。
IMG00842-e1549944502296-columns3-overlay
なんばんを適量塗積していきます。
量の加減や粘度調整が非常に難しい作業です。(熟練の技術が光ます!)

IMG00843-e1549944402918-columns3-overlay
なんばんとは、石炭・すさ・糊を混ぜたものです。強粘着力を発揮し、土葺き漆喰に比べ頑強な屋根造りに貢献します。また作業工程も、土葺き→漆喰面土に比べて1工程で済むため、速い時間での仕上がりとなります。
IMG00847-e1549944377346-columns3-overlay
熨斗瓦1段目を、高さや間隔を意識して慎重に積んでいきます。
IMG00849-e1549944352801-columns3-overlay
最初張った糸に下限を合わせて、しっかりと熨斗瓦を揃えます。
IMG00853-columns3-overlay
1段目が終了後2段目なんばんを塗積し熨斗瓦を積んでいきます。
IMG00857-columns3-overlay
2段目反対側です。
綺麗に揃っているのが観えます。
IMG00858-e1549944320862-columns3-overlay
足りない熨斗瓦は新品補充します。
1枚の桟瓦に見えますが半分に割れるよう真中に溝が入っています。
IMG00895-e1549949937801-columns3-overlay
棟の端部分は斜めになったりするので、サンダーで削りながら綺麗に仕上げていきます。
IMG00862-columns3-overlay
最上段に冠瓦を積んでいきます。
コーキング塗布も行い頑強で崩れない棟を仕上げていきます。
IMG00874-columns3-overlay
鬼瓦周辺も、なんばんにて補強修復します。
IMG00881-columns3-overlay
崩壊していた棟が見事に復元されました。しかも下地材を変更することにより強固な棟に変わりました。

施工者全体の意識が御客様へ向いています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

木造アパート

摂津市のアパートオーナー様より、「2棟の木造アパート瓦がズレたり落下しているので今後が心配なので診て欲しい」との依頼で早速調査に行ってきました。築45年という木造住宅アパートは和瓦屋根で、まだ一度も大きな手直しを行っていない建物でした。

瓦屋根

本日は大阪市東淀川区より瓦屋根現場調査の模様をご紹介させて頂きます。屋根に上り調査させて頂きましたが養生が機能をはたしていない状況にびっくりしました。因みにブルーシートの耐久年数は1年です。

017df7af2baf99890aebc9c44f70e637a50e803747

高槻市のK様より屋根調査のご依頼を頂きお伺いさせていただきました。台風による強風で屋根の至る所に損傷が起きてしまったとお困りのご様子でした。上記のお写真を見ていただくと鬼瓦の漆喰部分が欠けているのが解るかと思います。漆喰の場合は経年劣化で亀...........