吹田市  横暖ルーフ葺き作業の模様です。


「屋根から軽い破片が、たくさん落ちてきます。」
との問合せを頂き即日訪問しました。

去年の台風21号は9月4日でしたが、その直後ではなく1ヶ月ほど経過した10月初旬に問合せを受付ました。
早速現状調査を行いました。すると庭に”アスファルトシングル”と呼ばれる屋根材が落下していたのです。


今回は横暖ルーフ葺き作業について説明していきます。
横暖ルーフ
既存屋根材撤去後に粘着式アスファルトルーフィング敷設のため入念に清掃お行いました。
通常アスファルトルーフィングは屋根面にタッカーなどで針を打ち込み固定していきますが、この方法だとカバー工法なので下地の屋根材に穴を開けてしまうことになります。更に経年劣化によりタッカーが錆などにより外れてしまってルーフィングが破けたりしています。
それを避けるために今回は粘着式を使用しました。


横暖ルーフ
その後粘着式アスファルトルーフィングを軒先から棟に向かって屋根全体に敷き詰めていきます。
(屋根材も軒先から棟に向かって葺いて行きます。)
その後使用屋根材:横暖ルーフ葺きを行っていきます。
横暖ルーフ
横暖ルーフは縦横ともにスライドして簡単にジョイント出来る構造になっています。
施工が容易なのも大人気商品の一因といえます。



横暖ルーフ
本体の切断は専用の電動ノコギリや板金バサミを使用します。
切断の際は作業時の切粉が付着しないよう注意して作業します。
錆に強いガルバリウム鋼板ですが付着した切粉は錆を引き起こすからです。。
せっかくの高耐久屋根材を使用した意味が無くなってしまいます。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事

豊中市で屋根の葺き替え工事をご紹介します。現場はちょうど一年前の昨年、6月18日に大阪北摂を襲った大地震で屋根の一部が捲れてしまい、その後の9月4日の台風により屋根がほとんど捲れてしまったという現場です。屋根は陶器を使用したいぶし瓦で瓦の下...........

IMG_7437-1

大阪北部地震からちょうど1年経った2019年6月18日の夜に新潟県村上市で震度6強の地震が起きたとの一報が入りました。今朝からテレビを食い入るように見てしまいましたが、屋根瓦が落ちているお宅が沢山あるようですね。遠方での出来事でしたが、何か...........

波板交換

3階バルコニーの波板交換依頼が来ました。現地調査に伺うと「建ぺい率80%・容積率200%」の住宅地でした。工事場所は施主様宅3階の真裏になります。足場設置や工事車両の駐車スペースまた工事日程調整などの細かい配慮が必要となりす。施主様に満足い...........