大阪市淀川区 文化住宅現状調査


十三文化住宅
淀川区十三の文化住宅アパートオーナー様より
「屋根に様々な問題があるので診て欲しい」
との依頼で早速調査に行ってきました。
 築55年という文化住宅アパートは和瓦屋根で、まだ一度も
手直しを行っていない建物でした。
十三文化住宅
文化住宅とは関西圏特有の呼称だそうです。
木造モルタル2階建てアパートの事で間取りは2Kが多いようです。トイレは自室か共用・風呂も自室か共用が混在しています。大阪万博開催時前後に建設されたので関西圏でも大阪近郊に多いそうです。築50年くらいの物件が多く手直しは、あまりされていないのが現状です。私も何件か現調しましたが、どのオーナー様も屋根等の大型なリフォーム工事になると費用対効果に悩む(家賃収入の低さや未納問題・入居者の高齢化など)方が多かったです。
IMG02812-e1561675538688-columns2-overlay
屋根調査開始です。
本棟が部分的に崩壊した箇所が3つありました。
どの部分崩壊も漆喰が剥がれ面土していた葺き土が流失してしまい、熨斗瓦(平らな棟に重ねて積む瓦)が崩れ、支えていた冠瓦が飛散または割れてしまう現象でした。
十三文化住宅
55年間もの期間風雨に晒され続けて屋根材も疲弊してしまったようです。桟瓦も多数が割れ・ヒビ・削れの状況でした。
棟は漆喰が痛んでおり剥がれ落ちている部分も多く、葺き土流失の原因になっています。長年の瓦重量により屋根全体が沈んでる部分や全体的なズレも生じて、平らではありません。(不陸といいます。)
十三文化住宅
こちらは袖瓦が8枚飛散落下してしまいました。葺き土も殆ど残っておらず雨漏れしています。
隣の桟瓦も捻じれて崩れる寸前です。

調査結果をオーナー様に伝え他の屋根材への葺き替えを提案しました。
破損箇所が多すぎ部分補修では完全修復は不可能と判断したからです。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

カラーベスト

先日、高槻市にあるK旅館様の現場調査に伺いました。よく弊社でもお付き合いさせていただいてる方からのご紹介による案件で、昨年の台風21号による被害の影響による屋根の部分的な損壊です。旅館ということもあり、宿泊されているお客様も随時おられるとい...........

リッジウェイ葺き直し

1月に弊社は吹田市なのですが70kmほど離れた貝塚市から問合せがありました。「去年9月の台風で屋根一部が飛んでしまい近くの工事屋さんへ簡易補修してもらいました。その後いろんな工務店へ問合せしたのですが何処も診てくれないです。だいぶ遠くなりま...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41