屋根葺き替え工事における瓦捲りの様子 高槻市


0154828b71bc1eff21213f96f2a30d9edea40f3a7f-columns1-overlay
高槻市W様邸の屋根葺き替え工事における瓦捲りの様子をご紹介させていただきます。

足場を設置した後に安全を確保して作業に取り掛かります。

まずは下屋根(げやね)からスタートです。




0137958eff8205875f731bbd837265aeb388af591d-columns1-overlay
普段はなかなか目にすることがないかと思うのですが、屋根瓦の下には多くの土が敷き詰められています。

これを土葺きと言います。

土葺きの屋根は断熱効果があると言われており特に西日本の多くの屋根はこのような工法で出来ています。



ただ、最近の新築住宅で土葺きの屋根が使われる事はめっきり少なくなってきました。


ガルバリウム鋼板やスレート屋根が主力となってきたと言ってよいでしょう。



数多くのお客様を訪問させていただきましたが、瓦屋根から瓦屋根に葺き替えをしたいというご要望は皆無です。
瓦屋根から吹き替える場合、ガルバリウム鋼板かスレート屋根に葺き替えるのが一般的です。



では、何故ガルバリウム鋼板やスレート屋根が人気なのでしょうか?


その最たる理由は、

「重さ」
です。


例えば、瓦屋根とスレート屋根(カラーベストなど)を比較した場合、屋根瓦の方が2倍の重さになるのです。
それが、ガルバリウム鋼板になると何と10倍もの重みになってしまいます。

このお写真を見ていただけると重いという事が実感していただけるのではないでしょうか?


では、何故重いと問題があるのでしょうか?


それは、ずばり地震時の横揺れです。

関西地方でも2018年の6月に大きな地震がありました。
弊社の元にも瓦がずれたというお問い合わせを数多くいただいたのですが、その大半は瓦屋根でした。

スレート屋根や金属屋根が地震で崩れたというお問い合わせは1件もなかったのです。


2019年の新潟地震でも被害が出た住宅の多くは瓦屋根でした。
0196c6883313fe7599912b86b5e555d64ba27b03b0-columns1-overlay
さて、話を戻しましょう。

土を除去すると野地板が出てきました。

土を綺麗に除去してその上に防水シートを貼っていきます。



この日は、作業途中で雨が降ってきたため急遽作業を中止いたしましたが、このままの状態で野ざらしにしてしまうと雨漏りをしてしまいますので、くれぐれも注意が必要なのです。




0115c10dbc7b17435c0756c709bb6a9b3923b38fd2-columns1-overlay
街の屋根やさん大阪吹田店では屋根のトラブルに関してのご相談をお受けしております。

どんな些細なことでも結構ですのでお気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG01142

施主様より「屋根から瓦の破片が落ちてきて土らしきものも一緒に落ちてきます。」と問合せがあり、これから雨の季節なので急いで工事は可能かどうかも考慮して欲しいとの事でした。調査開始すると築45年の釉薬瓦で桟瓦・袖瓦・軒瓦は全く問題なく割れ・欠け...........

IMG_0329

こんにちは。街の屋根やさんの山田です。台風10号にビクビクしながら過ごしておりましたが、大阪方面は暴風が吹かなかったので一安心です。お盆休みの期間中は実家がある和歌山県に帰省していたのですが、白浜町あたりはかなりの暴風雨でした。次の日の仕事...........

棟板金飛散

「棟板金の一部が飛んでしまい、お隣から屋根に乗って確認したところ、その下に付いている木材も無い状態です。」問合せを受け調査に伺いました。築48年で30年前に二階から三階に増築をした際、カラーベスト屋根に変更したそうです。去年の台風21号でカ...........