吹田市 コロニアルクアッド屋根の無料点検レポートです。


IMG_9090-1-columns1-overlay
吹田市のH様より中古住宅として購入した屋根の点検をして欲しいというご依頼を頂き、早速調査に伺いました。


IMG_9089-2-columns1-overlay
H様のお宅はスレート屋根(コロニアルクアッド)が使用されていたのですが、経年劣化と共にかなり表面の塗装がはがれているのが解るかと思います。

実際に屋根に登ってみると良く解るのですが、表面が粉上になっていて、登っている時も慎重に歩を進めていかないと滑り落ちそうになってしまいます。


このままの状態で放置してしまいますと、台風などの強風が吹いた際にスレート屋根が欠けてしまったりすることに繋がりかねません。


H様はまだお子様も小さくまだまだ長い年月をこのお宅でお住まいになられるとの事でしたので、スレート屋根の葺き替え工事をご提案させていただきました。




IMG_9094-1-columns1-overlay
葺き替え工事をする場合、まず棟板金を外した上で全てのスレート屋根を取り除きます。


08e831eaa586a5cd8d3c15db53c4b38c-columns1-overlay
これが防水紙です。カスタムライトという材料を使います。
a1b4404b1b74392eb63941bb7a0f0352-columns1-overlay
全ての屋根材を取り除いた後で防水紙を丁寧に貼っていきます。
この作業は通常2人以上で行うのが一般的です。
a46b63b04d05954b17f08dff07566391-columns1-overlay
このように防水紙を敷き詰めるのです。

防水紙をきちんと貼る事によって万が一屋根材が破損したとしても雨漏りを防ぐことが出来ます。
IMG_0411-1-columns1-overlay
最近中古住宅を購入されたお客様からのご相談が増えたように感じます。
中古住宅を検討される際に屋根は意外と見落としがちになってしまいます。

不動産業者も中の様子は把握できていても屋根の様子は良く解っていないというケースが多いのです。
築20年以上経っているお宅はそれまでに屋根の葺き替えを行った事があるのかどうかを確認されることをお薦めします。




さあ、足場の設置も完了しいよいよ工事がスタートします。

今回はガルバリウム鋼板への葺き替えになりますが、今までのコロニアルクアッドに比べて断熱性能も高いですし、3階のお部屋は今まで以上に快適になるでしょう。

お客様に喜んでいただけるよう精一杯頑張ります!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2-5

台風被害に便乗した詐欺にご注意を

雨染み箇所

本日は西成区の雨漏り調査にお邪魔しました。千葉県の屋根被害も尋常ではありませんが、大阪も昨年の台風被害がまだたくさん残っています。我々屋根屋としましては心苦しいばかりですが1日でも早く復興できるよう頑張ります!!本題に入りますが修理したのに...........

雨漏れ大屋根

2019年9月に千葉県を襲った台風15号。甚大な被害が連日報道されています。多くの屋根が飛散し、ブルーシート養生を行っている様子がマスコミで連日報道されています。あれだけの被害ですから、当然屋根業者の手配も追い付かず、ブルーシートでの養生を...........