吹田市 A様邸 冠瓦が台風によって飛散


01f0205e2c733028cca7f64165a99c13c449784600-1-columns1-overlay
吹田市のA様より台風被害で屋根瓦が飛散したとの事でお電話を頂き、早速調査に伺いました。

A様のお宅は3階建て。梯子を伸ばしても届かない場所でしたので足場設置後に再調査をさせていただきました。


ご覧いただくと一目でわかると思うのですが、冠瓦が飛散しています。



A様に
「屋根の修理をどなたかに依頼されましたか?」

とお聞きしたのですが、数年前に業者に依頼した事があるとの事でした。


01121884a9827b09af8097f7c3d64e7d8eef738268-columns1-overlay
鬼瓦の部分がコーキング補修されています。



010b13bd5a58131dc7dc4a8b4d8f145195ee30212f-columns1-overlay
漆喰の外側をコーキング処理されていましたが、本来このような処置は行わないのが一般的です。

漆喰かなんばんという素材で詰めなおすのが一般的な補修内容となります。


どのような理由でコーキング処理をされたのかは解りませんが、あまり良い工法とは言えません。



元々あった漆喰を一旦取り除いて冠瓦をしっかり固定してから漆喰を詰めなおすという処理が一般的でしょう。


01d1c1b0872c3c443b93109ebd8c9616712e2f2209-columns1-overlay
そもそも、こちらのA様邸は築年数が30年以上のお宅でして漆喰もところどころはがれてしまっています。

このまま放置するといずれ雨漏りが発生したり瓦の損壊の原因になってしまったりしますので早急な対応が必要だと思われます。


このように屋根に登って近くで見ないと良く解らないようなケースは多々あります。


これから長く住まれるとの事ですので出来れば漆喰の補修もお薦めしたいところです。




屋根瓦が飛散してしまうとどうしてもその部分にばかり意識が向いてしまい、他の部分がおろそかになってしまいがちなのですが、全体をメンテナンスしておかないと結果的に大きな出費へと繋がります。




この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2-5

台風被害に便乗した詐欺にご注意を

雨染み箇所

本日は西成区の雨漏り調査にお邪魔しました。千葉県の屋根被害も尋常ではありませんが、大阪も昨年の台風被害がまだたくさん残っています。我々屋根屋としましては心苦しいばかりですが1日でも早く復興できるよう頑張ります!!本題に入りますが修理したのに...........

雨漏れ大屋根

2019年9月に千葉県を襲った台風15号。甚大な被害が連日報道されています。多くの屋根が飛散し、ブルーシート養生を行っている様子がマスコミで連日報道されています。あれだけの被害ですから、当然屋根業者の手配も追い付かず、ブルーシートでの養生を...........