スレート瓦葺き替え工事を高槻市からレポート


「隣家から二階屋根の瓦が崩れてる」
と言われ弊社に調査依頼が来ました。
S型粘土瓦(黒)の屋根材が使用されていました。棟部分の崩壊・苔の繁殖が顕著でした。
棟部分の積替えや部分補修、30年以上経過している事もあり屋根全面葺替えを提案しました。
施主様は全面葺替えを希望されました。ガルバリウム鋼板立平での提案でしたが、
仕上がり写真を観られてイメージに合わないとの事でした。
そこで各種の軽量瓦を御紹介し今回は「富士スレート・ドリーム30 ブラック」を選択されました。
弊社でも初めて扱う屋根材です。
桟木
S型粘土瓦と葺き土を全て撤去した後に、瓦を固定するための桟木を全て釘抜きにて外しルーフィング(防水シート)を敷き詰め、新しい桟木を取り付けている状態です。
桟木とは瓦を引掛けるための材料です。

ホームセンター等でよく見かける一般的なものは厚み15mm以上、幅は30mm以上で長細い材料となっています。木材が使用され、すぎ ひのき まつなどと同等以上の耐久性があるものが使用されます。(一部樹脂製もあり)

桟木
緑色の桟木も見えますが、こちらは防腐処理されたものです。屋根の一番上”棟”部分と樋が近い軒先部分に使用します。また桟木の裏側(屋根密着部分)には写真のように縦2mm幅5mm位の各穴を開けて、水の通り道である水抜き加工を施してあります。
桟木
桟木を敷設終了後いよいよスレート瓦を葺いていきます。今回の屋根材は厚型スレートに分類されます。少し(10~15年位)前までは薄型スレート(通称カラーベストなど)と同じ野路板ルーフィングに直接貼り付ける(釘で打ち付ける)、直張り工法が主流でした。
桟木
しかしスレート瓦の性能も低く耐久性に劣っていたため、割れ・ヒビが簡単に発生してしまい、野路板まで腐食させてしまい雨漏れ原因になるという結果でした。
桟木
現在の厚型スレート屋根材は繊維も含有され割れにくく高耐久になっています。それに合わせて葺き方も桟木に釘で打ち付けていく工法となっています。上項でも触れていますが桟木には水抜き加工も施されていますので、野路板ルーフィングを痛める事はありません。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨染み

雨染み箇所に案内して頂きました。確かに雨漏りしている様子がうかがえます。

まず初めに昨年の北部地震、台風21号の影響でお客様には工事をお待たせし、大変ご迷惑をお掛けしました。未だ終えていない現場もある中、心苦しいのですが年末年始の営業のお知らせをさせていただきます。年末年始の営業時間12月28日から1月10日まで...........

スレート屋根

そもそもスレート屋根とはどんな屋根なのでしょうか?よくお問い合わせでもコロニアル?カラーベスト?スレート?などと呼び名にばらつきがあるのですが全て平型スレートセメント瓦の事です!コロニアルクアッドとはケイミュー製品の称号です。屋根屋さんであ...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41