オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

箕面市の漆喰の詰め直しの工事工程。


texts
箕面市の漆喰の詰め直しの工事工程です。

大屋根には大棟、降り棟が2本ありましたが、

今回の漆喰の詰め直し工事は降り棟だけの漆喰の

詰め直し工事をなりなりました。

冠瓦やのし瓦、葺き土などで棟は造られていますが、

それらを守る役割なのが漆喰です。

漆喰は経年により劣化しますが、漆喰の劣化は漆喰を剥がれさせ、

葺き土を崩し、のし瓦がズレて大棟の歪みや隙間ができ葺き土から雨水が浸入したり

してしまいます。




columns
IMG_71971
既存の降り棟の状態です。
冠瓦の下には、葺き土があり、まわりを漆喰によって詰めてありましたがその漆喰が剥がれてなくなっている状態です。
土がむき出しになると、ここから雨水が浸入する確率が高くなります。

IMG_8330
このように瓦を捲ると葺き土と呼ばれる土があります。この土で瓦をとめています。

columns
IMG_83321
土を少し触るだけで、脆くも崩れてしまいます。この葺き土は降り棟でけではなく、大棟にもこの工法が施されています。
昔は和瓦を使用した建物が多いので、この土葺きの工法を用い漆喰はほとんどの家で使用されていました。
IMG_83361
山になっているサイドを見てもらうとここに土葺きの工法では漆喰が詰められます。
columns
IMG_83341
冠瓦をすべてはずします。はずさずに漆喰を横から詰めていくのは一般的ですが、なぜそうしないのかは後からご説明します。

44d29d2792be3bad9a9ed98c7bbb20d62
なんと土を撤去しました。
これが手を抜かない業者のあり方です。
この溝にまった所に新たに葺き土を形成します。
columns
0e4aae38a1f5494592124a884058f7cb
実は漆喰そのものを葺き土にし瓦の下地にします。なぜそうしたのかというと、既存の漆喰の再度、同じように漆喰を詰めても始めは詰め替えたのでキレイに見えますが、経年により剥がれてくる可能性があります。なのでこのように土を撤去し、下地は漆喰のそのものです。
66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde3734
降り棟は歪みのも調整され真っ直ぐ通っています。
columns
IMG_42791
鬼廻りの漆喰も剥がれがひどかったのですがしっかり盛られきれいになりました。
IMG_8326
冠瓦の継ぎ目をコーキング処理し施工終了です。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

担当者が丁寧にヒアリング中

※2020年11月27日 公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。大阪府茨木市で雨漏り修理業者をお探しですか?今回は、弊社が茨木市で実際におこなった雨漏り修理をご紹介します! 関連ページ 「料金の目安を知りたい!屋根修理・リフォームの...........

雨漏り箇所

※2020年11月27日 更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。「吹田市で評判のいい雨漏り修理業者ってどこだろう?」「地域密着型で口コミで評判の雨漏り修理業者を探している」「土地勘が無くてどの業者が評判がいいのかわからない」吹田市で...........

瓦屋根

※2020年11月27日 公開こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。箕面市で瓦屋根の修理をお考えですか?今回は弊社が箕面市でおこなった無料屋根点検の模様を公開します!「瓦がズレている」「瓦が落下しそうで怖い」「葺き替えが必要と言われたけ...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41