オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大阪市城東区 屋根リフォームが必要な波板とその理由を解説します


texts
こんにちは!街の屋根やさん吹田店です。

先日、大阪市城東区にお住いのA様からお問合せをいただきました。

お問合せの内容は、昨年の10月22日の台風で職場の玄関の上に設置されていた波板屋根が強風によってめくれてしまったということでした。

今回は、大阪市城東区にておこなった無料現地調査の様子をご紹介させていただきます!

 関連ページ 


headlinesheadline

大阪市城東区にて波板の無料現地調査をおこないます

texts
それでは、大阪市城東区にて強風でめくれてしまったというご自宅の波板まわりの現地調査を始めさせていただきます。
headlinesstrapline

大阪市城東区 波板の無料現地調査①「既存波板の状態チェック」

columns
IMG_4150
波板は設置して30年程経過しており、かなり経年劣化が進行しています。

お客様はできるだけ安価で済む方法を考えられているようでした。

ちょうど玄関の上にある波板なので、この波板屋根が無ければ玄関の引き戸の隙間から雨が浸入してしまいます。

「玄関に雨が入らないための波板工事・雨が入らない最低限の工事でかまわない」というご希望でした。

しかし、どちらにしても波板はしっかりと固定し留めなければまたすぐ飛散してしまうでしょう。


headlinesstrapline

大阪市城東区 波板の無料現地調査➁「寸法確認」

columns
IMG_4150
波板の大きさはW3000×D2300ほどです。

壁際から勾配をとり隣の屋根の雨樋に雨を落とす、という施工を取られていました。


IMG_4144
波板はビスやフックによって留められます。

それにはもちろん下地(木材またはサッシ)が必要です。

今回は波板の下地は木材でした。


headlinesstrapline

大阪市城東区 波板の無料現地調査➁「下地の現状」

columns
IMG_4145
波板を留めるビスが下地の木材にしっかりとはまらなくなっていました。

下地の木材がかなり経年劣化しており、波板の張り替えのみという屋根工事では済みそうにありません。


波板を設置するための下地が腐るとビスが利きません。

利かなくなると強風で波板が飛んでしまうことももちろんあるでしょう。

波板の骨組みである垂木を補強する必要があります。

まず、波板を留めるには木材に波板をしっかり固定できることが必要です。

腐食して下地の木材がなくなっているため、

ここに新たな木材を補強する必要があります。

新しい波板を設置するためには、この下地造りが出来てからになります。


headlinesstrapline

大阪市城東区 波板の無料現地調査③「波板の採寸」

columns
IMG_4146
波板は幅70㎝ほどのものを順番に張っていきます。

そのために、下地がある程度のスパンで必要になってきます。

この場合は少し下地が少ないことが言えます。


headlinesstrapline

大阪市城東区 波板の無料現地調査④「調査の結果」

texts
今回の現地調査では、すぐに新しい波板を設置することが難しい状況ということが分かりました。

その理由が、屋根下地である木材の腐食による劣化がありました。

仮に、無理やり波板を設置したとしても腐った木材に工程具であるビスがしっかりとはまりません。

その結果、波板の「めくれ」「飛散」の再発が高い確率で予想できます。

そのため、弊社では、「下地垂木補強工事」「部分交換工事」「波板の張替工事」を屋根工事としてご提案させていただきました。

 現状 
・既存の波板も経年劣化が進行している
・屋根板を固定し支えるための躯体である木材が腐って傷んでいるため、ビスがはまらずしっかりと波板を固定できない

 ご提案 
・下地である木材を補修し波板をしっかりと固定できる状態に戻す
・新しい波板を設置する


headlinesheadline

波板の屋根リフォームが必要なタイミングとは?

texts
玄関先やベランダを雨水から守ってくれる「波板屋根」。

もちろん、波板の交換のみで持続使用可能な場合も多いです。

しかし、波板を支える「屋根枠」や「支柱」などの「躯体(くたい)」の劣化が顕著に表れている場合、全体のリフォームが必要となります。


headlinesstrapline

波板の屋根リフォームが必要なタイミング①「躯体が腐食している」

texts
今回、現地調査をさせていただいたご邸宅のように、波板を実際に支えている支柱や屋根枠が腐食により傷んでいると、固定具である「フック」「ビス」がはまりません。

木材だけではなく、金属の躯体の場合も腐食により傷んでいると穴があいたり破損の危険性があります。


headlinesstrapline

波板の屋根リフォームが必要なタイミング➁「躯体が歪んでいる」

texts
波板を設置している屋根枠・支柱が歪んで変形している場合、屋根枠から波板が外れやすくなります。

その隙間へ風が吹き込むと波板飛散の可能性があります。

この場合も波板の交換だけではなく躯体を含めた屋根全体のリフォームを検討すべきでしょう。


headlinesstrapline

波板の屋根リフォームが必要なタイミング③「錆びて塗膜がボロボロ」

texts
波板を支えている躯体が金属製の場合はどうしても経年により錆びます。

錆が進行すると表面が茶色くなり、さらに進行すると穴があいて、最悪の場合は倒壊の危険性もあります。

表面が剥がれてボロボロと崩れている箇所を見つけられたら、そのままにせずプロによる無料点検・調査などの利用を検討してくださいね。


headlinesheadline

大阪市城東区で屋根リフォームなら「街の屋根やさん吹田店」

columns
IMG_6645-1
屋根はお客様から、「見えない・見にくい・見ることができない高所」です。

「本当にちゃんと調査してくれてるのかな?」

「相場以上の高額費用を請求されたりしないかな?」

ご自宅に、雨漏りや原因不明のトラブルが起きた場合、お住まいの調査・修理業者を探すことになります。

そのようなときに、上記のようなご不安を抱かれる方が多いのではないでしょうか?

「街の屋根やさん吹田店」では、調査時・施工前・施工中・施工後も安心してお過ごしいただけるよう5つの取り組みを行っています。

大阪府吹田市で屋根リフォーム業者をお探しでしたら、ぜひ私ども「街の屋根屋さん吹田店」の無料相談・無料調査・無料お見積りのご利用をご検討ください。

もちろん、お見積りまででも結構です。

無料といえどもお住まい全体を徹底的に調査し、最適なリフォームプランをご提案させていただきます。

まずは、お気軽にご相談くださいね。

分からないこと・ご不安に思っていることがございましたら私どもへ何でもご相談くださいませ!

 関連ページ 



同じ工事を行った施工事例

施工事例

箕面市|漆喰詰め直しと谷板金交換工事の施工事例です

劣化した谷板金
差し替え補修した谷板金
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
使用素材
ガルバリウム鋼板、漆喰
築年数
約30年
建坪
谷板金:5.1m 漆喰:40m
保証
1年間
工事費用
550,000円
施工事例

屋根材のめくれが発生したアスファルトシングル葺きマンションの修理工事

アスファルトシングル補修工事
DSC_0122-1
工事内容
屋根補修工事
使用素材
シリコンシーラント
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
7万円
施工事例

豊中市 ベランダのポリカーボネート製波板屋根の張替え施工例です

劣化し破れて穴の開いたベランダ屋根
ベランダポリカ製波板屋根
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ポリカーボネート波板
築年数
建坪
保証
1年間
工事費用
133,000円

同じ地域の施工事例

施工事例

大阪市城東区|2階建てのベランダ防水工事

劣化した屋上ベランダ
防水塗装しなおした屋上ベランダ
工事内容
防水工事
使用素材
ガルバリウム鋼板、ウレタン
築年数
約30年
建坪
27.2㎡
保証
1年間
工事費用
約180万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り原因となった瓦の割れ

※2020年8月31日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。吹田市で雨漏り修繕費用でお悩みのお声をたくさんお聞きします。本日は街の屋根屋さん大阪吹田店の杉本が惜しみなく雨漏り修繕費用についてご紹介させていただきます!雨漏りの原因は様...........

雨染み

※2020年9月2日更新こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。今回の街の屋根やさん大阪吹田店・現場ブログでは、吹田市でおこなった2つの雨漏り修理をご紹介いたします。1つ目の事例は瓦屋根からの雨漏りです。そして、2つ目の事例は意外と多い外...........

はしご

本日は三島郡島本町より昨年の台風24号でめくれ上がった板金屋根の補修を週末に接近している台風19号までに直してほしいとのご依頼でした。雨が多少振っていましたが屋根に上り調査させて頂きました。

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41