大阪市西淀川区 カラーベスト屋根の棟板金が台風により飛散


IMG_8978-1-columns1
大阪市西淀川区のK様より棟板金が飛散したので見て欲しいというご依頼をいただきました。
早速調査開始です。

K様のお宅は3階建ての為、外部から梯子を架ける事が出来ません。

3階のベランダまで部屋の中を通らせていただいてそこから梯子を架けて屋根に登ります。


IMG_8977-2-columns1
登った瞬間に直ぐに飛散している様子が目に入りました。

2018年9月4日に通過した台風21号は大阪府内に多大なる被害をもたらしました。
過去経験した事が無いような強風が吹きつけ数多くの屋根が飛散してしまったのです。

特に、棟板金やベランダ屋根などが大きな被害を受けました。

K様のお宅のような被害は数えきれない程見て参りましたが、やはり早めのメンテナンスをしておかないと被害が大きくなってしまいます。



IMG_8981-columns1
また、棟板金が飛散した事により、カラーベスト屋根(コロニアルクアッド)も同時に飛散してしまいました。

これを修復するためにはまず棟板金の下の貫板を含め撤去し、更に新しい貫板と棟板金を取り付けます。
また周辺のカラーベストも一部補修する事により工事が完了します。


カラーベスト屋根はガルバリウム鋼板の屋根に比べると台風などの強風に弱い事が特徴として挙げられます。

遠目から見ると、硬そうな素材に見えますが、実はカラーベスト屋根はセメントのような材質になっており、膝に当てて力を入れると簡単に折れてしまうようなものなのです。
年月が経過してしまうと経年劣化により屋根の素材自体が弱くなってしまいますので、大型の台風などがくるとよく割れてしまうのです。

新築をご購入される際に、ご自宅の屋根がどうなっているのかを気にされる方は非常に少なく、台風などで被害が出て初めて自宅の屋根の種類に気づくというケースも多いのです。

今、大丈夫でもご自宅の屋根がどうなっているのかは点検する必要があります。
街の屋根やさん大阪吹田店では被害が確認できていないお宅の無料点検も承っておりますので、築10年以上経過して、まだ屋根を点検して無いという方はお気軽にお問い合わせください。

屋根工事のプロが点検にお伺いさせていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨染み

雨染み箇所に案内して頂きました。確かに雨漏りしている様子がうかがえます。

まず初めに昨年の北部地震、台風21号の影響でお客様には工事をお待たせし、大変ご迷惑をお掛けしました。未だ終えていない現場もある中、心苦しいのですが年末年始の営業のお知らせをさせていただきます。年末年始の営業時間12月28日から1月10日まで...........

スレート屋根

そもそもスレート屋根とはどんな屋根なのでしょうか?よくお問い合わせでもコロニアル?カラーベスト?スレート?などと呼び名にばらつきがあるのですが全て平型スレートセメント瓦の事です!コロニアルクアッドとはケイミュー製品の称号です。屋根屋さんであ...........

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41