変形や割れで排水不良を起こしている雨樋を新しいものへ交換

kouji-amadoi1-jup-columns1
kouji-amadoi2-jup-simple
 屋根の雨水を集め、地上や下水に排水させる役割を担っているのが雨樋です。雨が降らない限り、いや雨が降ってもあまり気にかけることは少ないと思いますが、これがないと大変なことになります。
 屋根を伝ってきた雨水が直接、1階部分の屋根や庇、地上に落ちることになるので雨音が非常に大きくなります。また、屋根に落下してきた雨の全てが破風板や軒、外壁を伝うことになるので、汚れが目立つようになりますし、劣化を早める原因にもなります。
 ちょっとした隙間やクラックがあれば、そこから家屋内部に浸入してくるでしょう。ご存知のとおり、水分はお住まいの大敵です。
kouji-amadoi3-jup-simple
 お住まいの屋根を見渡してください。屋根の各面に対してそれぞれ雨樋が設置されているはずです。場合によっては屋根だけではなく、広めの庇についていることもあります。

 また、簡易的なカーポートにも雨樋に似た構造を備えているものもあります。それだけ雨樋は建物にとって重要な部分なのです。
kouji-amadoi4-jup-columns1
瑕疵保険、建設業許可
kouji-amadoi5-jup-columns1

雨樋のダメージがお住まいの本体のダメージに

kouji-amadoi6-jup-simple
雨と雪、一年を通して降水がある国、日本 

 日本は世界でも類を見ないくらい四季のハッキリした国です。
 雨が降るごとに近づいてくる春、さわやかな新緑の季節の後に訪れて夏を待ち遠しい気持ちにさせる梅雨、夏の終わりを告げる台風、天高く馬肥ゆる秋と紅葉の間に刻まれる長雨、息も景色も全てが真白な冬の日、一年を通して降水があるのです。それだけに雨樋の使用頻度と稼働率は高くなります。
kouji-amadoi7-jup-simple
 台風による強風、積雪による重みなどで、雨樋は変形したり、外れてしまったりすることがあります。こうなると、うまく雨水を排水できません。また、秋の 落ち葉や土埃で詰まってしまうこともあります。うまく排水できない場合、雨水が流れ出す先によってはお住まいへの浸水といったことも考えられます。雨樋を 固定している金具も変形や破損といった被害を受けることがあり、この場合もうまく排水できない状態になりえるのです。
kouji-amadoi8-jup-simple
 排水という重要な機能を担っているので、雨樋の不具合もお住まいのダメージに直結します。時々、破損やゆがみ、ズレや外れがないか、スムーズに流れてい るかを点検してあげましょう。高いところや見えにくい部分の調査・点検は無理をせず、街の屋根やさんにお任せ下さい。点検、調査、お見積もりは無料で承っ ております。
kouji-amadoi9-jup-columns1
kouji-amadoi10-jup-columns1
kouji-amadoi11-jup-columns1
kouji-amadoi12-jup-simple
 雪に慣れていない地域で突発的な積雪があった場合、積雪や落雪被害に関してのご相談が増えることが予想できます。 
 地域差が大きいとは思い ますが、年間の降雪日が数日未満の地域では屋根に雪止めが装備されていないことがほとんどです。前述の通り、幅5m長さ6mの屋根に10cmの積雪ならば 重さは約3t、勾配の途中に何の遮蔽物もない屋根ではその重みが全て雨樋にかかることになります。変形し、破損しても無理のないことなのです。屋根の途中 に雪止めを設置すれば重みが分散されるので、被害を受けることも少なくなります。
kouji-amadoi14-jup-simple
 日本は国土の7割が山林です。植物が多い環境なのです。都市部においても公園や街路樹のなどの落葉樹に困っている方が少なくありません。お庭に落葉が溜 まるならまだしも、雨樋の場合は詰まりの原因になってしまいます。既存の雨樋に落葉が侵入しないようにする落葉除けネットもございますので、お気軽にお問 い合わせください。
amadoi_contact1_jup
7時~21時まで受付中!
0120-1123-41
kouji-amadoi16-jup-columns1
変形したり、壊れてしまった雨樋を外します。
kouji-amadoi17-jup-columns2
kouji-amadoi18-jup-columns2
 雨樋は屋根の端に設置されています。お住まいが2階建ての場合、作業性と安全性を確保するため、足場が必要になります(左写真)。右写真のように変形 し、おじぎしてしまった雨樋は屋根からの雨水をうまく受け止められませんし、流れ込んできた雨水をしっかりと排水することもできません。このようになって しまった雨樋を撤去していきます。
kouji-amadoi19-jup-columns1
変形してしまった軒樋金具を新しいものへと交換します。
kouji-amadoi20-jup-columns2
kouji-amadoi21-jup-columns2
 上の右写真をご覧くだされば分かるように、雨樋を固定している軒樋金具も変形しています。これでは雨樋を正確に取り付けられませんので、新しいものへと交換します。左写真はその撤去跡です。 排水するために適切な勾配が必要になりますので、水糸を張り、その位置に正確に軒樋金具を取り付けていきます。
kouji-amadoi22-jup-columns1
新しい雨樋を軒樋金具に取り付けていきます。
kouji-amadoi23-jup-columns2
kouji-amadoi24-jup-columns2
 軒樋金具には雨樋を上から吊って固定するタイプと下から支えて固定するタイプがあります。今回は吊金具と呼ばれる吊って固定するタイプです。
  幸いにも今回は合う形の雨樋がありましたので、変形していなかった部分はこれまでのものを用いる部分交換で済みました(右写真)。雨樋の変形や破損が一部 であっても、これまでのものは既に廃盤になっていて、合うタイプがないから全交換しないといけないなんてケースはかなり多いんです。
kouji-amadoi25-jup-columns1
排水テストをして、異常がなければ完成です。
kouji-amadoi26-jup-columns2

kouji-amadoi27-jup-columns2

 雨樋の特定の箇所に少量の水を垂らして、一定方向に流れるかをテストします。大量の水だと、その勢いで排水されている可能性があるので、必ず少量の水で行います。
 しっかりと排水できることが確認できましたら、雨樋交換工事完了です。これで雨の心配とは無縁になります。
commoncontact_jup
7時~21時まで受付中!
0120-1123-41