外壁塗装に塗料用シンナーはなぜいれるのか?


IMG_9288-columns1

塗装の際に使用されるシンナーの種類は様々です。
代表的なその中でもラッカーシンナーと塗料用シンナーでは何が違うかご説明します。
ラッカーシンナーの主成分は芳香族炭酸水素やアルコールです。
塗料用シンナーは脂肪族炭酸水素を主成分としています。
シンナーには塗料や汚れを溶かす効果がありますが、塗料用シンナーよりもラッカーシンナーの方が
溶解力は優れています。
油性塗料を溶かすなら塗料用シンナー、ラッカー塗料を溶かすならラッカーシンナーという使い方になります。


有機溶剤シンナーとは

有機溶剤シンナーとは有機物である塗料を溶かす効果があるシンナー。
シンナーには塗料を溶かす働きがあるので、ほとんどのシンナーは有機溶剤シンナーになります。

何の為に塗装にシンナーを入れるのですか?

シンナーは塗料を薄めて塗りやすくするために用います。
また温度や湿度の変化に対してシンナーの蒸発量を抑制しキレイな塗装の表面に仕上げていきます。
シンナーには各種の有機溶剤が混合されていて塗料の種別によって様々なシンナーがあります。