外壁塗装に塗料用シンナーはなぜいれるのか?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

IMG_9288-columns1

塗装の際に使用されるシンナーの種類は様々です。
代表的なその中でもラッカーシンナーと塗料用シンナーでは何が違うかご説明します。
ラッカーシンナーの主成分は芳香族炭酸水素やアルコールです。
塗料用シンナーは脂肪族炭酸水素を主成分としています。
シンナーには塗料や汚れを溶かす効果がありますが、塗料用シンナーよりもラッカーシンナーの方が
溶解力は優れています。
油性塗料を溶かすなら塗料用シンナー、ラッカー塗料を溶かすならラッカーシンナーという使い方になります。


有機溶剤シンナーとは

有機溶剤シンナーとは有機物である塗料を溶かす効果があるシンナー。
シンナーには塗料を溶かす働きがあるので、ほとんどのシンナーは有機溶剤シンナーになります。

何の為に塗装にシンナーを入れるのですか?

シンナーは塗料を薄めて塗りやすくするために用います。
また温度や湿度の変化に対してシンナーの蒸発量を抑制しキレイな塗装の表面に仕上げていきます。
シンナーには各種の有機溶剤が混合されていて塗料の種別によって様々なシンナーがあります。