破風板、鼻隠し板の剥がれの対処方法は??吹田市山手町

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

破風板、鼻隠しの剥がれ
破風板や鼻隠し板の剥がれをよく見かけます。
築年数が経っている家で破風板、鼻隠し板が剥がれてしまっている建物をよく見かけませんか??
雨、風、日光、季節の気温の変化などで、建物は経年劣化していきます。
家を少しでも劣化させない、長持ちさせる為に、メンテナンスをして補修していくことが必要になってきます。

では破風板や鼻隠し板の補修はどのような補修の方法があるのか??

①剥がれてしまったところを削り、または剥離剤を使い古くなった塗装を除去して改めて塗装する。
②破風板、鼻隠し板を新しく交換して塗装する。
③既存の破風板、鼻隠し板に板金巻きをする。

など大きく分けるとあります。最近では③に破風板、鼻隠し板にガルバリウム鋼板巻き工事が多くなってきています。

一度、傷ついた木材に塗装をしてもまた短期間で剥がれてしまうこともあります。
塗り手の正しい塗装手順での施工が必要です。

木材自体に吸収する特性がある為、上から塗料で塗潰してしまうと、木部内部にある湿気の逃げ道を塞いでしまうため、
塗った塗料を持ち上げようとします。など塗装にも腕の良い塗装技術が必要になります。