外壁のひび割れを発見。ただ埋めればいいの?吹田市内本町

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

外壁ひび割れ
外壁にひび割れの発見しました。このまま放置しておくと大きく、深くなっていきます。
吹田市で家で外壁にひび割れがあります。

外壁のひび割れといってももちろん浅いひび割れから深いひび割れ、塗膜のひび割れ、下地のひび割れなどがあります。
下地までひび割れが状態を「チェッキング」、「ヘヤークラック」と呼び、塗膜の底までひび割れしている場合を「クラック」と呼びます。

塗膜は時間が経つと劣化していきます。
光沢がなくなり、色褪せて基材との付着も悪くなります。
付着力がなくなると、雨水、風、日光や気温の変化などにも影響されやすくなります。

外壁のひび割れは埋めればOKと、埋めてもまたひび割れる場合とがあります。

補修は基本的に2種類の方法があります。
・ひび割れを補修してから上に塗装をする。 ・ひび割れの動きに追従する塗料を使い塗装する。

塗料も一般的なシリコン塗料でしたら、約10年~13年くらいはもつといわれます。
ひび割れは放っておいても大きく、深くなっていきます。そして躯体にも影響してきます。

ひび割れを発見したらどのような状態か専門業者に確認してもらうべきです。