スレート瓦が色あせてムラがでています。そろそろ塗装が必要?吹田市泉町

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

スレート瓦の劣化
スレート瓦が艶もなくなり、色が薄くなってきています。
吹田市でスレート瓦屋根の色褪せ、ムラがでてきています。

スレート瓦の塗り替えの時期の判断ですが、約10年~15年程度ですが目安であって雨漏りしては意味がありません。
塗装時期の目安ですが、経年劣化していくとこんな症状がスレート瓦屋根にはでてきます。

症状1:塗装の艶があるかどうか、症状2:屋根の色が以前より薄くなっていないか、症状3:屋根が白くなっていないか(チョーキング現象)、症状4:苔やカビが生えてきていないか、症状5:塗装の剥がれで瓦の素材が見える

症状1から症状3くらいまでは塗料の剥がれですので、塗装対象内かと思われます。
しかし症状4や症状5では瓦自体に水分を含みやすくなってますと、塗装しても最初は屋根がきれいに見えますが、短期間で塗料が剥がれてくる可能性が大いに考えれます。

また劣化したスレート瓦は新しいスレート瓦と比べると、非常に割れやすくもろくなります。
劣化すれば割れて雨漏りする原因にもなります。