スレート屋根に苔が生えてます。スレート屋根の塗装時期の目安は?吹田市昭和町

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

スレート屋根の劣化
トップライトからの雨漏りの原因になることも・・・
スレート屋根の苔
スレー屋根の塗装時期は10年~15年です。1度調査してもらいましょう。
吹田市のスレート屋根調査ブログ。
スレート屋根は従来のスレートより強化され耐久性・耐火性など優れてきています。

しかし、表面は劣化しやすく定期的に塗装をしないと、耐熱性、防水性などの性能を維持できなくなります。
塗装は10年~15年くらいで考えるのが一般的です。

しかし、タイミングがわかりにくく、雨漏りなどをしてから、メンテナンスを行うと葺き替えやカバー工法と言った大きな工事になることもあります。屋根の状態をチェックしておくことが大事になります。

例えば、色褪せやムラ、塗装が剥げてきている。苔やカビがある。
スレートがズレている、割れている、釘が浮いてしまい錆びているなど、チャック項目はまだまだあります。
いきなりの劣化はしていません。、徐々に症状がでてきますので、まず屋根の状態を知っておくことが大事です。

雨漏りしてしまうと、様々な理由で考えれるようになってしまいます。
また天窓(トップライト)がある家も雨漏りも多いです。

なかなか屋根にあがり検査というのも難しいので、築10年前後の家は信頼できる屋根の専門業者に見てもらうことをオススメします。

現状の屋根の状態を知れますし、調査は無料で行う会社も多いです。