屋根パラペット部のトタン波板の錆、笠木の釘の浮き。吹田市山田西


波板の錆
パラペットの裏側のトタンの波板の錆
笠木の釘が浮いています
パラペットの笠木部分で打った釘が浮いてきています
屋根の縁の廻りのパラペッ部分トですが、
波板が正面、裏とかなり錆びてしまっている状態です。笠木の釘の浮きもあります。


昔のトタンは雨水などの影響で劣化するとこのようにどんどん錆びていきます。

古くなったトタン屋根ではよく見られるケースです。


しかし、自分の家の屋根の状態がここまで劣化が進んでいると気付いている方は少なく、

日常、使用するキッチン、お風呂などの設備が古くなり新しく入れ替えるなどと普段から使用している、
目の当たりにする所が不具合はすぐに対処することを考えれます。


しかし屋根事情は雨漏りした、台風で瓦で落ちてきたなど
前兆が全くないまま急に起こってしまい依頼を受けるケースがほとんどです。

実際、上記、写真にありますように錆から穴が空き内部が腐食し雨漏りが起きたり、
経年浮いてきた釘から板金が捲れ、雨水が入り雨漏りしたというように、
1度雨漏りが起きてしまうと様々なケースで考えれるようになってきます。


水の浸入が知らない間に目の当たりにできず、起こってしまうと躯体の腐食にも繋がってしまいます。
ですので屋根のメンテナンスというのはかなり重要なのです。


現状、雨漏りなどは今はないようですが、早期に笠木、波板の補修することを提案しました。