破風板・鼻隠板の木部が剥がれて劣化しています。ここから雨漏りに・・・。吹田市円山町


IMG_2417-columns1
破風板、鼻隠板の木部が剥がれてきています。
最近は破風板、鼻隠板を金属系のガルバリウム鋼板で施工する家が多くなりましたが、
昔は木質系で施工するのが一般的でした。

何十年もの間、雨、風、太陽に晒されるので劣化していくものなのですが、
内部の木部に水が浸入していますと、木部が腐食し水が浸みて軒天が剥がれてきて雨漏りの原因にもなります。

下屋からの雨漏りもも油断できません。

下屋と外壁の取り合いの部分の納まりの不具合による雨漏りのケースも少なくないです。
今はまだ雨漏りはないようですが、やらなくても大丈夫です。とは言えないです。

自然に下屋が改善されることはないです。
家を長持ちさせる為には適度ににメンテナンスが必要になります。


板金巻き工事が一般的な提案ではありますが、防水性の高い塗料で塗装することにより費用抑えれます。