破風板・鼻隠板の木部が剥がれて劣化しています。ここから雨漏りに・・・。吹田市円山町

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

IMG_2417-columns1
破風板、鼻隠板の木部が剥がれてきています。
最近は破風板、鼻隠板を金属系のガルバリウム鋼板で施工する家が多くなりましたが、
昔は木質系で施工するのが一般的でした。

何十年もの間、雨、風、太陽に晒されるので劣化していくものなのですが、
内部の木部に水が浸入していますと、木部が腐食し水が浸みて軒天が剥がれてきて雨漏りの原因にもなります。

下屋からの雨漏りもも油断できません。

下屋と外壁の取り合いの部分の納まりの不具合による雨漏りのケースも少なくないです。
今はまだ雨漏りはないようですが、やらなくても大丈夫です。とは言えないです。

自然に下屋が改善されることはないです。
家を長持ちさせる為には適度ににメンテナンスが必要になります。


板金巻き工事が一般的な提案ではありますが、防水性の高い塗料で塗装することにより費用抑えれます。