鬼瓦がなく、漆喰を詰めることもなく、土がむき出しに・・・。吹田市南正雀

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

鬼瓦がない
鬼瓦が本来ある場所に・・・。瓦をとめる土がむき出しに出てしまっています。
吹田市で本来、鬼瓦がある場所に鬼瓦がなく、中の土が見えてしまっています。

鬼瓦の役目は棟の両端からの雨の浸入を防ぐことです。
端の部分はどうしてもつなぎ目がでてしまい、雨水が入りこむおそれがあります。

中には土あり瓦をとめています。棟ののし瓦の下部にも土があり漆喰をつめていきます。
鬼瓦を使わずに建てられる家はあるのですが、だいたい漆喰や木の板、銅板などで塞いでいます。

写真はおそらく鬼瓦でしょう。
なぜ、無くなっているかは、わからないですが、土が見えている状態はよくないです。


大雨や台風などが来た場合、土を削りとり、瓦のズレや雨漏りに繋がります。
日本瓦を用いた屋根は鬼瓦まわりだけではなく、漆喰は様々なところで使用されています。


瓦自体の耐久性は優れていますが、漆喰のメンテナンスは必要です。
知らずと漆喰が剥がれて無くなってしまっている家は多いです。