軒天の剥がれです。軒天、軒先、軒下がありますが、軒の役目は?豊中市旭丘

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

軒天の剥がれ
豊中市旭丘で軒天の劣化により剥がれいます。

軒天とは軒の裏側部分のことです。
用途地域にも依りますが、防火構造や不燃材にする必要があり、
最近ではケイカル版(ケイ酸カルシウム)不燃材などが使用されることが多いです。
また屋根裏、小屋裏の換気も軒天から取ることも多いです。


軒には軒天以外にも、軒下や軒先があります。




軒が住まいに役立つ3つの機能は・・・



①外壁の保護です。
軒があるのは、外壁上部より屋根が出っ張ってきます。その為、雨風や太陽から外壁
が悪影響を受けにくく、保護してくれています。



②日差しの調整
夏は軒がないと、窓ガラスや外壁に直接日光があたりますので、室温が上昇しやすいです。
冬は軒があっても日射角度も低いので、日差しの妨げにはならず、室温が低下に直接つながりません。



③軒は窓の上の庇変わりにもなりますので、軒が雨除けにもなり、窓からの
雨水の吹き込みの防止にもなります。

最も軒の出が機能する長さは90㎝と言われています。
日射角度が丁度よくなります。

夏至では窓上部と軒先端を結ぶ角度が、室内に日光が差しにくいです。
軒の長さが、90㎝あれば通常の雨は窓や外壁にはあたりません。

しかし外観のデザインなどを重視される場合は、
30㎝~60㎝くらいが一般的かもしれません。

軒天には雨水や日光、風などから建物を守ってくれています。

軒天の剥がれは雨水の浸入や躯体の損傷にも繋がります。