モルタル壁が剥がれています。この状態でも外壁は・・・?豊中市赤坂

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

モルタルの剥がれ
モルタル壁が剥がれています。
豊中市赤坂げ外壁のモルタルの剥がれです。


モルタル壁のとはラス(網状の金物)の上から、
モルタル(砂、水、セメントを調合)を左官で塗ってその上から
塗装するのが一般的です。


最近ではモルタル壁は減ってきたものの、昔では木造住宅の
ほとんどで使用されていました。



モルタル壁の最大の悩みはクラック(ひび割れ)です。
ひび割れを抑制させる添加剤などもあり、昔ほどひび割れはしなくくなったとはいえ、
コンクリートやモルタルのひび割れをなくす科学技術が進歩しても、根絶までには
至りません。




コンクリートやモルタルのひび割れは、材料が乾燥する過程で必ず収縮という
物理的性質があるからです。

縮むという性質から、コンクリートに鉄筋を入れるのは強度を持たせると共にひび割れを
抑制させる働きがあります。

その為、クラックレス工法というモルタルにメッシュを入れ、メッシュ筋にモルタルが
固着することで、自由に動く面積を減らしてひび割れをしにくくさせています。


モルタルそのものの、耐久年数は一般的な施工では30年程度、特にメンテナンスを必要としません。

しかし、モルタル壁の選択をした時のメンテナンスは



〇雨水が入り込むようなひび割れ。

〇仕上げ塗装の劣化。

〇躯体の耐震性の高低により、振動の大きさによりひび割れが発生。


この要素がモルタル壁で多い問題になっています。