外壁に亀裂が入り、サッシ周りと隙間が生じて雨漏りしています。豊中市上野東


サッシから雨漏り
サッシ周り、外壁の亀裂から雨水が浸入しています。
豊中市上野東の外壁の割れ、サッシ周りから雨水が浸入しています。

サッシ(窓)周りの雨漏りが意外と多いです。

サッシ(窓)周りはの防水はシーリング材で防水されていることが多く、
シーリングの劣化による剥がれ、割れから隙間をつくり雨漏りさせている原因の1つです。


シーリングが劣化しますので、適度なメンテナンスが必要であり、サッシ以外にも
ドア周り、換気周り、配管金物周り、トップライト(天窓)周り、看板周りなどです。


外壁にはシーリング防水を必要とする所がたくさんあり、外壁の伸縮目地にも使用されます。


新築住宅は10年の瑕疵担保保証が義務づけられていますが、その瑕疵担保保証制度
が適用された事故の8割が雨漏りによる被害と言われています。


補足としましては、最近の新築では軒の出が50㎝以下の家も多く、本来は60㎝~90㎝の
軒の出が必要とされています。

軒の出をできるだけ出せば、サッシや窓に台風などの雨風が直接当たらず劣化しにくくなります。