広小舞や淀が破損して軒先瓦が下がってしまっています。豊中市岡町南

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

破風板
破風板
豊中市岡町南の建物で、軒先瓦が下がり、登り淀、広小舞の破損がありました。
破風の破損状態も大きく、広小舞や登り淀なども割れています。

大雨や台風などの影響を受けると、瓦のズレや破風板の剥がれにもなってしまいます。

雨水の浸入により内部の木部はどんどん劣化してしまいます。

また躯体の老化や雨漏りにもつながります。



広小舞は軒先の先端にある垂木の上に取り付けられる木板です。



広小舞の役割は・・・


〇軒先を揃えます
垂木は細長い角材を使用しますので、反ってしまうと屋根面にデコボコができます。
広小舞はデコボコを無くし、軒先を揃える役目があります。


〇瓦の角度の調整
広小舞には瓦角度の調整の役割があります。
瓦の種類により、広小舞の厚みを変えて、足したり広小舞の上に淀を取り付けて
瓦の角度調整の役割があります。


〇水留め
水留めは野地板などの木材の切れ口は雨水を吸収しやすいので、大雨や台風に
備えて切り口を濡れないように施工していきます。その役割を広小舞が果たします。



広小舞や淀は軒先の瓦が安定して被せるため調整されています。

軒先にある瓦角度も他の瓦と同じようになるようになっています。

もし瓦葺き屋根に広小舞や登り淀がなければ、軒先瓦やケラバ瓦が角度が安定できません。