屋根の瓦が1部なくなり雨などの影響で軒天が落ちてます。豊中市熊野町

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

軒天の剥がれ
豊中市熊野町で瓦が1部なくなって軒天が剥がれてしまっています。

和瓦の下には土葺き工法で葺き土によって瓦が留められています。

台風や大雨などの影響によって割れて飛んで落ちてしまったのか、

理由は分らないのですが、いずれにしてもこのままでは、建物が

どんどん劣化してしまいます。

瓦がなければ、雨が降れば下葺き材はどんどん水を吸ってしまいます。

昔の建物は杉の木をスライスして野地板として使用されていました。

野地板の下には垂木があり、屋根を支える大きな役割をしています。

野地板が腐食してしまうと、垂木にも大きな影響を及ぼします。

やがて軒天を腐食させます。

雨水が建物内部に廻りこみ、雨漏りや躯体の老朽化が急激に進んでしまいます。

和瓦の重量はスレートや金属などの屋根材の中でも重たいので、躯体の老朽化により

建物への負担も大きくなります。

かなり建物の状態は悪く雨樋もない状態ですので、

屋根から流れる雨水が軒裏に廻り続けます。

早急に補修工事が必要です。