オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

豊中市 漆喰工事で瓦屋根をメンテナンスします【屋根のプロ】


※2020年12月4日 更新

こんにちは!街の屋根やさん大阪吹田店です。

「瓦屋根からコンクリートの破片のような物が落ちてくる」

「瓦屋根の頂上が歪んでいる気がする」

豊中市でこのような屋根トラブルにお悩みですか?

もしかしたら原因は「漆喰(しっくい)」かもしれません。

今回は、弊社が豊中市でおこなった「漆喰工事レポ―ト」と「屋根工事コラム・漆喰ってなに?」をご紹介します!

 関連ページ 

豊中市 漆喰工事で瓦屋根をメンテナンス ビフォーアフター

まずは、弊社が豊中市でおこなった漆喰工事による瓦屋根メンテナンスのビフォーアフターをご覧ください。
before1
IMG_7193-3
半円状の瓦の周りに施工されているのが漆喰です。

こちらの瓦に施工されている漆喰は、灰色に変色して剥がれているのが分かります。

漆喰の劣化は棟の歪みを引き起こします。

さらに棟の歪みをそのままにしていると、生じた隙間から雨水が浸入し、雨漏りへとつながっていきます。

 関連ブログ 
vertical
after1
IMG_85011
漆喰工事が完了いたしました!

真っ白な漆喰が今回メンテナンスした箇所です。

ずれていた棟瓦を一旦取外し、下地からやり直しました。

棟の歪みが解消され「瓦の落下」「雨漏り」などの不安がなくなりましたね。

また、真っ白な漆喰と瓦のコントラストで美観も整いました!

 関連ブログ 


豊中市 漆喰工事で瓦屋根をメンテナンスします【屋根のプロ】

それでは、豊中市でおこなった漆喰工事の模様をご紹介します。
地域
豊中市
築年数
約20年
きっかけ
瓦のズレ、漆喰の剥がれ
施工期間
1日

豊中市 漆喰工事で瓦屋根をメンテナンスstep1「無料調査」

まずは、最適な修理工事のために無料現地調査をします!

今回は、お客様ご自身が下から屋根を見た時、「瓦がズレている」とお気づきになられました。

漆喰の詰め直し工事を考えていたところ、弊社にご依頼いただきました。

無料調査後、現状を踏まえて最適な修理方法を導き出します。

弊社では、「なんばん漆喰」を使用した漆喰詰め直し工事が最適であると判断し、ご提案させていただきました。

 関連ページ 

お客様に現状をしっかりとお伝えし、ご提案内容にご納得いただけました。

豊中市 漆喰工事で瓦屋根をメンテナンスstep2「葺き土(ふきど)の撤去」

IMG_83322
ズレた瓦の下には、瓦を留めるための土(葺き土といいます)が盛られています。

瓦を被せてまわりに漆喰が詰められていました。

しかし、棟が歪んで漆喰が劣化により剥がれています。

そこで、漆喰の詰め直しではなく、棟の瓦をめくり下地からやり直すことにしました。

葺き土を撤去後、土の代わりに「なんばん漆喰」を詰めて下地を造ります!

最近では葺き土を使用せず、大棟や降棟の下地になんばん漆喰が使用されています。

 関連コラム 

豊中市 漆喰工事で瓦屋根をメンテナンスstep3「なんばん漆喰の施工」

IMG_85052
瓦の下地に、なんばん漆喰を詰めて棟を復旧させます。

瓦の継ぎ目にはコーキング材を打ち、瓦の固定をします。

また、瓦の隙間を埋めることで雨水浸入を防ぎます。

豊中市 漆喰工事で瓦屋根をメンテナンスstep4「コーキング打ち」

IMG_85121
ズレていた棟の取り直し作業は終盤を迎えています。

職人が、必要な箇所に必要な分量のコーキング打ちをしている最中です。

豊中市 漆喰工事で瓦屋根をメンテナンスstep5「完了」

IMG_42781
棟の取り直し工事が完了しました。

葺き土を撤去し、なんばん漆喰を詰め下地からやり直しています。

そのため、棟の歪み、ズレもなくなりました!

棟が真っ直ぐ一直線に通っています。

施工後は、漆喰もしっかり整えられて美観も整いましたね!

 関連ブログ 

漆喰(しっくい)ってなに?

漆喰とは日本特有の塗壁材で、屋根では瓦葺きで使用されます。

消石灰に砂、のり、すさを配合して水で練ったものが漆喰です。

漆喰は壁や天井の仕上げにも使用されています。

漆喰はなぜ剥がれるの?

IMG_0449
こちらは、豊中市のとある瓦屋根に施工された漆喰です。(上写真)

こちらの漆喰には劣化による剥がれがみられますね。

漆喰は経年劣化により「硬化する」という特徴があります。

そのため、「漆喰の剥がれ」は瓦屋根に施工されている漆喰によく見られる劣化症状です。

屋根は常に紫外線、雨風、振動などの影響を受けています。

そのため、漆喰が経年劣化し硬化していると、それらのストレスがきっかけとなり、ボロボロと剥がれたり、崩れたりします。

漆喰は天然素材である為、10年~15年程度で劣化していきます。

瓦屋根を健全に保つためには、漆喰は定期的なメンテナンス・補修が必要です。

漆喰の効果はさまざま!

ちなみに、漆喰は自然の力で湿気を適度に保ったり、空気中の悪い成分を抑制したりする効果もあります。

・湿度が飽和状態の時は吸い、乾燥時は吐き出す天然の除湿、加湿材料です。

・ウィルスを抑制、大腸菌、黄色ブドウ球菌などの有害菌に対する抗菌性。

・化学物質に代表されるホルムアルデヒドを吸収分解。

・タバコやペットの臭いの成分を吸収する消臭効果。

・二酸化炭素に反応し固まる性質があり、年が経ちに連れ硬度が増す。

漆喰には上記のような特徴もあり、屋根以外でも活躍しています。

豊中市で漆喰工事・メンテナンスなら「街の屋根やさん大阪吹田店」

staff02-detail
豊中市で漆喰のことなら弊社におまかせください!

瓦と漆喰のコントラストはとても美しく、瓦屋根は日本を象徴する屋根です。

この日本の伝統をしっかりとした修理・メンテナンス方法で守っていくことも、私たち「街の屋根やさん大阪吹田店」の大事な役割です。

「瓦屋根からコンクリートの破片のようなかたまりが落ちてくる‥」

「地面に瓦が一枚落ちている‥」

このようなお悩みをお持ちの方はぜひ一度、「街の屋根やさん大阪吹田店」にご相談ください。

また、屋根以外にもお住まいに関するの点検・修理のお見積りはいつでも無料でおこなっております。

お気軽にお問い合わせくださいね!

 関連ページ 

豊中市のその他関連ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup1
7時~21時まで受付中!!
0120-1123-41