オフィスビル外壁のひび割れ(クラック)江坂公園近くで・・・

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

壁のひび割れ
外壁のひび割れの状況です。
ひび(クラック)割れにも色々ありますが上記の状況は非常に分かりやすいので紹介します。ヒビが入っている場所やパターンに注目してみました。

ズバリほとんどが窓の冊子まわりからが多いのですね!窓枠部分は鉄筋の量も多く施工されていますが、どうしてもひずみによりヒビが(クラック)入りやすくなるのですね!14本のヒビ(クラック)のうち10本が窓枠から入っているのがわかりますよね。

戸建てのお宅でも理屈は同じで、どうしても窓をたくさん作り、明るく風通しを優先にしがちですが、その分建物のメンテナンスも大切になってくるのですね。

補修をしていればほぼ問題はないのですが、やはりクラック箇所から壁に雨水が浸入し雨漏りに発展する可能性もありますのでできればクラック補修と塗装はセットで行うほうがおすすめですかね。塗料に関してもクラックが多い建物には弾力性のあるシリコン系の塗料がおすすめですかね!
ただ腕の悪い塗装をしてしまうと塗った後からクラック箇所が模様のように浮いて見える可能性がありますのでご注意ください。基本は3日かけて下塗り、中塗り、上塗りと塗るのがベストですかね!

勿論塗る前の洗浄やケレン(表面の汚れや付着物を削り落とす作業)も大切ですよね。