スレート屋根塗装、緑地公園南側

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

スレート屋根
屋根の状況です。
スレート屋根
屋根材のジョイント部分です。塗膜は劣化して所々、剥がれています。
屋根のリフォームとしては大きく分ければ3種類が代表的です。

・カバー工事 (既存の屋根に防水紙をはり屋根材をカバーしていきます。軽い屋根材がおすすめです。)
・葺き替え工事 (既存の屋根材をはがしてから野地板を張り防水紙→屋根材を葺いていきます。)
・塗装工事 (高圧洗浄でコケや汚れをおとしてから下塗り→中塗り→上塗りと棟から軒先へと塗っていきます。)



上記の屋根に関しましては塗膜こそは剥がれ落ちていますが、屋根材じたいは大丈夫かと思われますので塗装をお勧めします。
塗装をする場合は必ずジョイント部分に空間を確保するためにタスペーサーを使います。(空気、水の流れ道を確保するため)

最近の施工法としカバー工事をお勧めする業者も増えていますが、カバー工事はどうしても屋根の重量が増しますので建物の事を考えれば葺き替えか、塗装のほうがいいと思います。地震対策的にも屋根は軽いほうが絶対にいいですよね。リフォームする際は傷んだ個所にだけ目がいきがちですが、建物全体の事を考えると最適な答えが出てきますよね。


瓦屋根の場合は葺き直しという選択もあります。(既存の瓦を下地だけやり直し再利用する方法)
特に日本瓦は50年位は持ちますので大切にしてくださいね。家は住むだけではなく思い出もたくさん詰まりますので、できるだけ新築当初の思い入れは残したいですよね。勿論割れている瓦は交換しなければなりませんが!