雨漏り千里丘、屋根裏の点検


屋根裏
屋根裏の軸組みの様子です。
屋根裏
野地板に雨染みがありました。
築35年位のお宅の屋根裏の点検をさせていただきました。10年位前に屋根の塗装をされたようですが梅雨明け位から寝室の天井の雨染みが気になりだしたとのことでした。

屋根裏の状況から見れば野地板をとめるために打ち込んでいる釘から雨漏りしていました。
おそらく防水紙も経年劣化により機能していないと思います。断熱のために敷いてある綿にも釘から垂れたと思われる雨染みがありました。

スレート屋根ですので、できるだけ早い時期にカバー工事か、屋根の葺き替えをされたほうがいいと思います。
雨漏りをほったらかしにしておくと特に木部にはカビや腐食の原因にもなりますし、建物の柱や梁の耐久性にも影響が及ぼします。

業者によっては雨漏りに対し何の根拠もなく工事を進めるところもありますが、絶対ない駄目です。高いお金を掛けたは雨漏りが止まらなければ意味がありませんしトラブルのもとです。

屋根にのぼってくまなく点検し怪しい箇所を何点かピックアップし出来れば屋根裏にも入らせていただき適切な判断ができる業者にお願いしてください。