大棟が傾いています。吹田市山田西!

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

大棟と下り棟
吹田市千里山の瓦屋根のお宅を紹介させていただきます。

大棟の先端の鬼瓦が左に傾いているのを確認できました。

大棟事態がいたんでいる証拠ですので大変危険な状態です。


下り棟の漆喰
下り棟の漆喰がはがれています。軒先部分ですので雨漏りに即つながるわけではありませんが、

水の浸入により棟がいたんでしまいますので漆喰の詰め直しはしたほうがいいです。
戸建てのお宅を調査したさいの、オーナー様のお声をまとめてみました。

・屋根にのぼったことがないので、自分の家の屋根の状態が全く分かっていなかった。
・そもそも屋根の構造がわかっていない。
・メンテナンスの時期が把握できていない。

基本屋根のことをわかっていないのは当たり前だと思います。そこで素人でもできる簡単チック方法を紹介します。

瓦屋根の場合は
・瓦が割れていないか?
・瓦がずれていないか?
・漆喰がはがれていないか?
・棟がゆがんでいないか?

この四点くらいなら屋根にのぼらななくても、下からでもバルコニーからでも目視で十分点検できますし、お金もかかりませんよね。
ただ注意してほしいことがあります!!


「これくらいの補修なら自分でできる!」と屋根の知識なくのぼるのは大変危険です!もし足を滑らして落ちるようなことがあればケガでは済まないかもしれませんのでやめておきましょう。

僕たちプロのスタッフでも少しでも瓦が濡れていれば絶対にのぼりません!過去に屋根の上で調査中にいきなりのスコールにみまわれ、棟にしがみつき3時間じっと雨に濡れながら一歩も動けなくなったスタッフもいますので絶対にやめましょう!

目視で気になる箇所があればプロの調査スタッフにお任せください。